爬虫類イベント・他

2017年9月20日 (水)

お宅訪問

以前“とんぶり”にて、我家産のミツユビハコガメを
買って頂いた方のお宅へ!
Dscf2311
久々の再会(゚▽゚*)
2匹共、立派な親個体に成長していました。
Dscf2314
販売時、孵化後1年程の個体だったと思います。
つるっとした甲羅!
自分が育ている我家産よりも綺麗に育っていました。
Dscf2315
♀だったので、♂を探して去年から繁殖も成功!
今年もワラワラ〜♪
Dscf2332
Dscf2333
そして、今年の“とんぶり”に初出店するそうです!
ブース名は『亀翔』とのこと。
HPやSNS等はやられていないそうなので、
自分も最近始めたTwitterをお勧めしました(笑)

今年で“ぶりくら”は17回目。“とんぶり”は9回目。
会場で買ったCBを育て、繁殖し、ご自身もイベントに参加というコノ流れ。
うれしいっす♪o(*^▽^*)o

ミツユビ以外にも色々飼育されていて、
Dscf2317
Dscf2319
Dscf2322
Dscf2325
とくに、自作の飼育設備が大変参考になりました。
水がきれい。
Dscf2327
このラックにある、ろ過方法はいつか自分もやってみたいっす。
Dscf2328
わかる方ならわかるであろうコノ亀↑も今年殖した亀だったりします。

リクガメも殖されていて、ホルスのベビーかわいかったっす。
Dscf2334
色々見せて頂き、有難うございました〜ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

Guide for Reptile Lovers

Dscf2306
ハープタイル ラバーズのHPといえば、あのコーナー。馬場店長の愛情溢れる生体紹介文。長い。長いよ馬場店長。たまには行間空けてみないかい?よく毎回あんなに書けるよね。これ本に出来ちゃうんじゃない?なんて冗談で言ったことがあったのですが、本当に出来ちゃったようです。
生体を手に持って撮ると大きさがわかりやすい。ボルネオカワガメを持ち上げちゃえば本当にわかりやすい。カラー写真の爬虫類図書は数多くあれど、カニンガムイワトカゲを片手であんなにいっぱい持った写真が掲載されたことがいまだかつてあったであろうか?こんなに人の手が写る図鑑もないでしょう。疲れていない時に読むべきか?むしろ、疲れている時にこそ読むべきか?数日かけて読もうと思います。
最寄りのショップに無い場合には、馬場店長宛に結婚おめでとうの言葉を添えて注文してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

クリーパーNo.78

昨日の静岡の会場でも売っていましたが、
クリーパー届きました。
Dscf2264
新しい生体のケージの設置なども終わったので、
これからジックリ読もうかな〜と。

レプショーへは、いつも車で行くのですが、ちょっとの時間差で
渋滞に・・・到着が大幅に遅れるなんて事があるので、
結構早めに出ています。
日本平のSAでちょっと一休みし、会場到着は9時前くらい。
Dscf2249
2列目で並べてしまいました。
しかし、その後はあれよあれよと人・人・人で、
この広場は人の列であふれかえってました。

10時開場!

・・・・。

え〜っと レポを期待した方ゴメンナサイ^^;
写真は・・・ほぼ撮ってません。
最近は撮影禁止のブースも多いので、撮ってません。
全体の写真を1枚くらい撮っても良かったかもですが・・・。

撮ったのは目玉の展示コーナーくらいっす。
Dscf2252
去年は行かなかったので、ちょっと久々に来た感もあり、
たくさん友達にも会えたし、楽しかったっす♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

ビバガNo.78

届きました。
一瞬「ん?!」と、何の雑誌か考えてしまう今号の表紙(゚▽゚*)
Dscf2240
そして、次に目に飛び込むのが『アメハコ百景』の文字!
ヌマハコまで登場のアメハコ全種。

中学生の頃、同級生がリクガメを飼う環境でミツユビを
飼っていましたが、その飼い方で良いと思ってました。
その頃は、ワイルドのミツユビが今だと糾弾されるであろう、
鳥カゴの中にゴロゴロいたり、“アメリカンボックスタートル”
の名称で数千円でデパートの屋上で売られていたり
(トウブハコガメだったかな)、
混沌としていて個人的には嫌いではなかった時代なんですが・・・
現在、売られているアメハコの状態って良いですねぇ。
飼い方も種類によって微妙にクセがあるのが面白く、
あの頃と比べると情報も多くて良い時代に。
あと、最近までネルソンがこんな感じの亀って知りませんでしたし、
ユカタンを目にする日が来るとは思いませんでした。


さて、週末は静岡のレプショーですね!
さっきローソンで前売り券を買ってきました。
土曜日に行きま〜す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

亀仙人邸 亀のお引っ越し

久々に会長の家へ行ってきました。
Dscf2184
行ったことのある方ならお馴染みの亀庭。
なんですが・・・
Dscf2185
Dscf2186
Dscf2190
今月で見納め・・・
あのお家も見納めです。

ということで、作った自分が撤去作業。
Dscf2204
作業終わり。
単管パイプが、えっらい深く打ち込んであって、
抜くのに苦労しました・・・誰だコレやったの・・・自分だ。

でもって、
Dscf2198
新居の横にスペース発見!( ̄ー ̄)ニヤリ
Dscf2221
サクサクと柵を作ってスペース確保。
この板は便利ですね。
Dscf2219
水入れに。
Dscf2200
Dscf2201
シェルターも。
あとは様子を見て、日影部分の増設かな?

引っ越し予定の亀達。
Dscf2214
Dscf2188
Dscf2216
Dscf2210
久々に自分とこのCBにも会えました。
顔が巨頭化してきたセマル♂。
Dscf2225
新スペースを歩きまわってました。

落ち着いた頃に遊びに行きがてら亀ゾーンを
改造しようっと♪( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

ぶりくら市

ぶりくら市の募集がはじまりました。
HPもリニューアルされています。
B
http://burikura.com/

活動履歴の“ぶりくらのあゆみ”を見ました。
当時の出品リストが見れます!
懐かしい~!
じっくり見てしまいました^^

第1回は京都タワー、第2回から大阪はセンイシティで開催。
この当時は、参加どころか雑誌のレポを読んでその存在を知り、
「こんなイベントがあるんだぁ!面白そうだなぁ・・・」
と思ったものの、「関西は遠いなぁ・・・」という感じでした^^;

しかし、掲示板が主流で亀友が出来始めた頃でした。
ネットがきっかけで最初に会ったのが、
「東京へ遊びに行くので会いましょう!」で、
HP:トータス ドラゴンの管理人かずまさ君と蕎麦屋の四代目。
しばらくして、蕎麦屋の四代目から
「kazuさんが東京に来ます!」との連絡が。
クリーパーのアメハコの号で記事が掲載されていた方でしたが、
当時クリーパーを読んでいなかった自分は、
「kazuさんって誰?」(オイ!)でした^^;;
3人でショップ巡りをしました。
この頃からクリーパーを買い集め出しました。

その後、静岡のレプショーに行きがてらkazuさん宅へ遊びに行き、
「一緒にぶりくらへ出ない?」と声をかけて頂いたのが、
ぶりくら出店のきっかけでした。

第3回のぶりくらに、kazu&the friendsで初参加。
friendsの中の3人が自分・蕎麦屋・かずまさ君でした。
その後は毎年のように参加!
前夜祭から参加♪
本当に楽しみなイベントとなりました。

出店の際、単身赴任で大阪にいた
HP:トータスガーデンのtakibiさん宅に泊めさせて
頂いた事もありました。
(takibiさんも蕎麦屋から紹介してもらったんだよなぁ)
でもって、takibiさんを通じて知り合ったのが、
南関東☆亀☆連合・会長の亀仙人さんでした。
2008年の第8回ぶりくらからは南関東☆亀☆連合の名前で
参加させて頂くようになり、現在に至るという感じです。
(そうか、初神戸からだったのか・・・)

この南関東☆亀☆連合の名前ですが、
某県某所で行われた爬虫類イベントに協力していた際、
「ブースも出してよ~」と頼まれ、
どうせこれっきりだろうしと、会長と相談。
「なんとか軍団みたいなダサイ感じでいこう!」
という事で名付けた名前でした^^;

これっきりのはずだったのですが、このイベントが翌年も開催。
(ちなみに、隣りのブースには らいむさん。)
一緒に参加したカメカメブラザーズの2号さんが
「僕も仲間に入れて下さい!」という事で本格始動?
(2号さんは副会長です・・・数年会ってないけど^^;)
大田区で開催された某イベントにも南関東☆亀☆連合で出店。
この時に自分がシルクスクリーンで作ったTシャツを
みんなで着ていたのですが、それを見て
「仲間に入れて下さい!Tシャツ下さい!」
と言ってきた変わり者が、色変わり亀好きの かめぞう君。
(紛らわしいので、仲間内ではアルビノ好きの あるぞう君w)

それから数年が経ち・・・
現在、自分でも連合メンバーが何人いるのか即答出来ない・・・^^;

初めて行かれる方は、“ぶりくらについて”を読むと良いですね。

今では毎月のようにイベントがありますが、
“ぶりくら”には“ぶりくら”ならではの面白さがあります。
販売される生体は自家繁殖個体のみ。
ただ「買う」「売る」だけではない、
同じ趣味を持つ仲間達との交流の場。

今年、自分は“とんぶり”だけですが、参加予定です。
飼育・繁殖についておしゃべりしに来て頂くだけでも良いので、
是非是非ブースへ遊びに来て下さ〜い ^^ノ

・・・と、なんか色々と思い出して、
久々に長文の日記になったっす^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

よく飼いこまれた個体

週末、ふらふら〜っと(本当にふらふらだった・・・苦笑)
お友達の家へ遊びに行ってきました。
170513_153656
飼い主曰く、「もう死なないね。」
170513_153725
でかい!立派!そして、綺麗。
昔、U編集長宅にてグリーンウォーターからザッパ〜っと出された個体も
大きかったように記憶していますが・・・こっちの方がでかいかな。
あの静岡のあのベビーのインプレッサは、見事にバレーボールサイズに
育ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

ビバガNo.77

独立創刊号
Dscf2137
トークステージにあのナマズの松坂さんが!
たしか自分が小学生の頃くらいに、
水槽の重みで床が・・・という話をなにかの本で読んだ記憶があるなぁとか、
テレビでゼブラキャットのを食い入るように観たっけなぁ〜・・・懐かしい。

また、『巨匠引退』のページにも手がとまりました。
コーナーは次回もあるから続くのかな。

GW中にジックリ読もうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

クリーパーNo.77

クリーパーが届きました。
表紙はヒョウモントカゲモドキ。
Img_0098
飼っていない種類であっても、他の方の飼育方法・繁殖方法は
勉強になりますし、読んでいて面白いっす。
これからゆっくりじっくり読もうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

ビバガNo.76

Dscf2016
創刊20周年号。
創刊号はその頃に買った記憶がありますが、
その後は仕事が忙しく、過去の号を集め出した頃には
時既に遅し、15号以前のモノは、ほとんど持っていません・・・。
これからも続いて欲しい雑誌っす。

機会があれば、カメレオンモドキはまた飼育してみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧