亀の観察

2018年6月30日 (土)

白濁の考察

産卵した夜に空を見上げれば、そこには真ん丸お月様。

現在産卵ラッシュ中。
Img_0041
こちらは産卵直後に掘り出して並べた卵。↑
ちょっといびつな形のモノもあったので、
有精卵か?無精卵か?
ドキドキ白濁待ちの状態です。

それから1日くらいして・・・
Img_0069
両サイドの卵から白濁!
その後、全て白濁しました♪
この白濁、だいたいが真上付近からおきます。
たまにちょっと横から白濁する卵もあります。

卵の管理の鉄則は、「上下を逆にしないこと。」なのですが、
産卵直後であれば、卵の向きは気にせずに取り出せます。
Img_0128
(でも一応、上下をかえないように取り出すのですが・・・。)

白濁が始まった卵を掘り出すときは、
転がして逆さまにならないよう注意します。
Img_0108
ですが、白濁し始めの頃はその箇所が目印になって、
卵の上がわかりやすいです。

さらに時間が経過し、帯状にグルッと白濁した卵を転がした場合は、
どっちかわからなくなるので、光で透かしてナニか沈んでる方を下にして、
後は祈りましょう。

卵は縦方向に埋まっている事があります。(最後に産み終えた卵とか)
取り出した後は横置きしますが、縦方向でも微妙に傾いていると思うので、
それを見て上だと判断します。
もしも、ほぼ垂直の場合は・・・最初に白濁した場所がやはり上だと思います。
(やっかいですけど・・・)

縦置きの場合、上の方が亀の頭方向になるので、
横置きでもちょっと傾けて上の方を狙って亀の頭方向に出来るんじゃないかと
思いますが、自分的にはどっちが頭でも良いので試した事は無いのですが、
「なんかダメかも・・・開けてみよう。」の時は頭の位置がわかると便利?
開けるんなら頭側を開けたいですよね。(需要は謎ですけども)

我家ではクサガメの卵の数が一番多く、
Img_0208
掘り出しをちょっとサボるとこんな量になる事も・・・^^;
Img_0315
今年は水ゴケを使用して管理しています。
なんとなく気分でそうなりました。

上下がわかるよう、いつ産んだ卵かわかるよう印をつけています。
印があると、先に孵化した子亀が他の卵をひっくり返しても
気付きやすいです。
忙しい時は×印だけの時や番号だけの時もあります・・・。
白濁したら印つけようの時も・・・・。

ペンは昔なんかで見た本の写真通りにエンピツオンリーでしたが、
最近は印が消えない油性ペンを使うことも。
マジックだと殻に染みないか?中に影響しないか?
という心配もあるかもですが、長年の経験からこれで孵化するので
・・・このままで ^^;

白濁は通常1日くらいで始まりますが、
「だめかな・・・」と思った3日目に白濁する場合もあります。
気温によるモノなのか?湿度か?
水の中でも24時間以内なら取り出せば発生するという話を
聞いた事がありますが、24時間かどうかの実験をする気はありません。
ですが、水中産卵した卵でも、発見したらすぐに取り出して管理してみると、
我家でもそれで白濁して孵化した事があります。
体内から出た卵が、空気に触れる(呼吸する?)事で白濁が始まるので
濡れた状態だと、その間は白濁が起きないのだろうと。
でも、長時間だと卵に水が染み込みすぎてダメになっちゃうんだろうなと。

あと、Twitterにて割れた卵を補修してみたフォロワーさんが
お二人いらっしゃったのですが、自分も今年、割れたセマルの卵に
似たよう処置をしてみました。
Img_0143
コーキング材で塗ったんですが、結果は(同じく)ダメでした。
白濁しませんでした。
ただ、なんとなくその割れた箇所を真上にしたんで、
(中身が液体だから上にしちゃいました。)
白濁の発生箇所がだいたい真上なのを考えると、横にしたらどうなったか・・・
ちょっと気になりました。(苦笑)

一週間して白濁がみられない卵は、
Img_0318_2
取り出して、無精卵っぽい卵だけのケースに入れています。
Img_0319
ここで腐ったら廃棄します。「腐るまではとっておく。」
ダメだと思った卵が孵化した事もあるので、そうしています。

最後の卵は、(卵ばっかりこんなにアップしたの初めてかもw)
Img_0320
最初の写真のニシキハコガメの卵。
写っている左側がそうです。すっかり全体に白濁しました。
右は昨日産卵した、ぽんたさんから預かってるニシキの卵。
白濁開始。約2ヶ月後が楽しみっす♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

試してみた

春に爬虫類とは関係の無い用事で名古屋に行きました。
で、どようさんに新店舗になったラバーズに連れて行ってもらったんですが、
その時に店長から頂いたモノがコレ。

追記:
・・・って書いたら、「違うよ。それ東レプの時にアレ買ったら
お試しでどうぞって貰ったんだよ!」と、後方から突っ込みが・・・^^;

んで、
Img_0095
除菌できるヤツなんだけど、
「目に入っても飲んでも大丈夫。こんな場合にシュッシュとやると・・・」

てなわけで、機会ができました。
(ホントはできたくないわけですが・・・)
25
気付いたのが先月の24日。
肩のあたりが爛れてました。
このまま不衛生に飼育すると腐って穴があきそう・・・

シュッシュ開始。
基本乾燥させて管理し、水を飲ませたり餌を与える時には水中へ。
26
二日後。
汚れた皮膚がとれてました。
肉まる見えで痛々しい・・・。
26_2
その日の午後、肉表面がこんな感じに。

これを数日行ってみました。
Img_0155
10月2日の写真。
だいぶ治ってきた感じに。
この辺で、なんとなくシュッシュ率を下げ、
管理している場所をなるべく清潔に心がけました。
Img_0124
プラケに入れてるだけですが・・・^^;

それから今日13日の様子。
12
白いきれいな皮膚になってきて、このまま完治しそう。

以上、我家での通称“馬場スプレー”の考察でした。

※今回はこうなったという自分の個人の記録です。
自己責任です。
爬虫類を診てくれる病院もありますからね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

餌をまいてみた

今日はポカポカ陽気だったので、
屋外の水棲亀ゾーンにて、配合飼料をまいてみました。
Img_1775
Img_1777
まだまだ動きは緩慢ですが、
Img_1779
キボシや
Img_1782
ヒメニオイも食べていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

また寒さが戻る

一晩で春の陽気は、冷たい雨が降る冬に・・・。
地上にいたハコガメは土中に埋めておきました。

こちらは一昨日の写真。
春の陽気で甲羅干しをしていたキボシペア。
初の冬眠でしたが、特に問題は無かった様子。
Img_1680
通年この場所で良いかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

春の陽気でうごめくモノ達

ここ数日暖かく、昨日は大量の雨・・・やはりというか、
ハコガメの一部が地上に出て来ていました。
Img_1646
屋外円盤ケージのミツユビハコガメが、お目目パッチリで地上へ。
ミミズを見つけて食べてました。
(早いなぁ・・・自発的だし・・うー・・ん まぁ いいか・・・。)

半屋外ゾーンの中では、最古参のセマルが。
Img_1653
この個体は起きるのがいつも早いです。
一応、水入れだけ設置で、まだ餌は与えません。
寒い日もあると思うので、この場所で放置。

ニシキハコガメも地上付近に出て来ている個体や、
Img_1655
Img_1658
完全に目覚めているような個体も・・・。
この時点で、目ヤニや鼻水等、嫌な症状があれば屋内加温飼育に
切り替えますが、どの個体も大丈夫そうなので、
もう少し冬眠していてもらおうかな〜と。
Img_1650
水棲亀では、イシガメが甲羅干ししていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

今日は春の陽気

今日は暖かいので
Img_0582
Img_0587
屋上は甲羅干し風景。
Img_0571
半屋外のハコガメ冬眠ゾーンでも
Img_0559
Img_0558
ガサゴソと出て来る個体あり。
ミツユビ軍団の中でも、この個体は毎年最初に冬眠明けしてきます。

場所が完全な屋外ではなく、陽当たりも良いために
セマルの小さい個体などもチラホラと出て来ていました。
Img_0568
Img_0575
水を飲もうとするので、水皿は用意してあります。
まだまだ寒い日もあるので、餌は与えません。

最古参の♀まで出て来ていました。
Img_0573
この個体も
Img_0577
水入れにダイブしてました。

本格的な冬眠明けは一ヶ月後かな〜と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

部屋の亀

90cm水槽のキボシイシガメ。
この場所がお気に入りで、よく甲羅干しをしています。
Img_0371
宮崎産の♀個体。
♂との同居も、とくに問題無い様子。
Img_0373
♂は黄星模様がいっぱいの個体。
上手くいって綺麗なベビーが出てくると良いな〜と。
♂の他、プラテミスもこの水槽に。
Img_0374
今の環境になってから、甲羅の藻も影をひそめました。
こちらも久々にベビーが見たいっすね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

現在の孵化個体

こんな感じっす。
Img_0849
ぞくぞくとハッチ中のベビー達もいるので、
そろそろ賑やかになりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

有精卵と無精卵

暑さも一休み?と、いっても30℃近い気温で
涼しいと感じるようになっているのも・・・(^-^;

卵を撮影。
帯状に白濁したセマルの卵。
わかりやすい有精卵。
Dscf3806
でもって、こちらは
孵化間近な状態の真っ白になったミツユビの卵。
Dscf3807
Dscf3809
写真のように黒ずんだ模様が入ったり、
下の方が透けて赤っぽい色も確認出来る卵もありますが、
この状態のままキープ出来れば孵化します。

途中でしぼむとガッカリ・・・。
表面には細かいヒビも。
この辺は湿度が多めだとなりやすい傾向だなと。
セマルみたいな固い卵だとなりませんね。

でもって、こちらは・・・
Dscf3812
残念ながら無精卵だった卵。
Dscf3814
白濁しない時点で駄目だろうな〜と思っていますが、
この状態まではなんとなく置いておきますね・・・(苦笑
カビたり腐った臭いがしてきたら取り除きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

これだけ暖かいと・・・

出て来ますね(^-^;
Dscf2963
Dscf2966_2
イシガメはちょくちょく出て来ていたのですが、
クサガメも出て来てました。

ミツユビも。
Dscf2954
Dscf2959
お目目パッチリ。
水を飲んでました。
Dscf2957
ニシキハコも1匹出て来て水をゴクゴクと。

全個体が出て来たわけではありませんが、
来週はまた寒くなるようなので・・・出て来た個体はチェック。
もうチョット冬眠モードでお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧