« 奄美大島日記 四日目 | トップページ | セマルハコガメ 3世代 »

2018年8月12日 (日)

奄美大島日記 五日目・最終日

午前中、従兄弟がグラスボートの手配をしてくれました。
海中の珊瑚が見れる船です。
Dscn1366_4
Dscn1331
20180808_131211
加計呂麻島へ向けて出航。往復1時間のコース。
Dscn1340
20分程で綺麗な珊瑚礁に到着。
昨日のシュノーケリングではポツンポツンとした珊瑚しか
見れませんでしたが、見れる場所だとこんなに違うんだと。
これが奄美の珊瑚礁♪
Dscn1342
巨大なテーブルサンゴと魚もいっぱい。
Dscn1353
Dscn1343
Dscn1345
甲板からもこんな風に見えました。
Dscn1360
さよなら加計呂麻島!また来たい!
この船からシュノーケリングも出来るそうで、
次回はお願いしたいな〜と思いました。

その後は従兄弟に瀬戸内の観光スポットを案内してもらいました。
Dscn1397
図書館にて・・・ワニの剥製。
ここのブログを見ているような方は、覚えている方も多いかな?
Dscn1402
去年漂着した2匹のうちの1匹が剥製で展示されてました。
写真だともっと大きいかと思っていたのですが・・・
Dscn1399
結構小さい・・・このワニはすぐに死んでしまい、
剥製になったそうです。
Dscn1398
かつては剥製の大きい方のイリエワニが漂着したようです。
Dscn1404
Dscn1405
他、島に生息する生き物の標本多数。
楽しめました。

展望台へ。
Dscn1419
Dscn1421
そして、ここにも・・・
Dscn1432
わかりますか?
Dscn1431
いそうな場所には大抵いる。
キノボリトカゲ。

つづいて行ったのがホノホシ海岸。
Dscn1445
Dscn1447
丸石がいっぱい。
遊泳には不向きとガイドブックにありましたが、
本当にそう思いました。
同じ海でもこんなに景色が違うのかと。

そこから少し車で走ってヤドリ浜海水浴場へ。
Dscn1460
こちらは綺麗なビーチで、ウミガメも見れるとか。
Dscn1463
小型な個体はたくさん見ましたが、ようやくこの浜で、
アダルトサイズのオカヤドカリに出会いました。

最後に立ち寄ったのが・・・
Dscn1465
Dscn1468
なるほど・・・と。

ここで一度、従兄弟宅へ戻って晩ご飯。
明日は12時の飛行機で帰るので、今日が最後の夜!
20180812_2036
悔いを残さぬよう、夜の山へ!
狙いをつけていたポイントを目指します。
途中、宇検村で祭がある影響で道路は車の列。
奄美では珍しい光景とのこと。

目的地付近で窓を明け、水の流れる音を確認・・・カエルはいそう。
すると、車のライトに驚いてか?
大きく飛んでライトを横切るカエルが2匹。
シルエットは一昨日見たハナサキガエル風。
車を停めて茂みを探すも見つからず。
街灯等は無し。懐中電灯無しでは漆黒の闇。
ハナサキガエルはもう見た(と思う)ので、
違うカエルを探します。

そして、ポイントに到着。
ライトを照らすと・・・カエルがいました。
20180808_131505
リュウキュウカジカガエルかな?
緑のこのタイプが結構いました。
1匹だけこんな黄色い個体も。
Dj5dhj_ucaaaggp
カエルは詳しくないので、色変か?と思ったりもしたのですが、
帰ってから調べたら、これもどうやらリュウキュウカジカガエル。
きれいな黄色でした。

そして、「カエルがいるよー!」という声が。
20180808_131612
いました!
アマミイシカワガエル!
思っていたより大きい・・・これは綺麗。
20180808_131702
スマホと比べると大きさの感じがわかるかなと。
Dj1vdqcvaaaifir
見れて良かったです^^
触れずにみんなでひたすら写真を撮りました。

さぁ、これで後はオットンガエルが見れれば良いのだが・・・
ヒメハブがいないか道を慎重に照らしつつ、
川に沿って歩いてみようかな〜・・・ん?
20180808_131825
護岸の部分になんか固まりが。
「あれ、オットンガエルじゃね?」
イシカワガエルよりも二周りは大きいボリューム。
きっとオットンガエルだろうと。
しかし、結構な急斜面・・・
降りやすい場所から回り込むのも・・・面倒な場所。
うん。ここから降りよう。
ズリズリ足を滑らせながらビデオカメラでズーム。
20180808_131941
20180808_132020
もうちょい横から撮りたい・・・。
20180808_131905
逆からまわってココまで撮ったところで、
飛ばれて逃げられました^^;;
でも、見れた。
満足!

結局、ハブには出逢えませんでした。
(それはそれで良いかな・・・とも。)

最後に湯湾岳を車で登ろう・・・と向かう途中。
夜空に花火が。
20180812_1929
折角なので見て行こうと宇検村のお祭りの花火を。
なかなかの迫力でした。

そして、湯湾岳の山道。
上の方はちょっとジュラシックパーク感。
木にライトを当てると何かが隠れる姿は見れるも、
何かはわからず^^;;
20180808_132256
山頂付近で、「何かいる!」
20180808_132322
アマミヤマシギ。
ライトに照らされオロオロと・・・かわいそうなので
動画を撮りつつも、ゆっくり通過。
Dscn1475
ゴール。
駐車場付近を探索。
フクロウ(リュウキュウコノハズク?)の鳴き声が。
ドサッ と落ちてきます^^;
そして、再び飛んで木の枝に。
20180808_132416
20180808_132454
鳴き声付きで動画は撮れました。
という感じで探索終了。

翌日。
ただ帰るのもなんで、開園と同時に再び奄美海洋展示館へ。
20180812_193518
20180812_193451
人も少なかったので館の方から話かけて頂いて、
ウメガメの話を色々聞けてお得な感じに^^
20180812_193539
ウミガメと戯れ空港へ。
Dscn1479
帰りはキッチリ7kg以内に荷物をおさえ、
植木はやはり持って帰れないなと。
Dscn1477
売り物じゃない、空港に飾ってあったコレは
ちょっと欲しかった。
Dscn1481
帰りは予定通りに帰れました。

いつになく長々と書きましたが、本当に奄美大島良かったです。
またいつか行ってみたい!!

               おわり

|

« 奄美大島日記 四日目 | トップページ | セマルハコガメ 3世代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150301/67049886

この記事へのトラックバック一覧です: 奄美大島日記 五日目・最終日:

« 奄美大島日記 四日目 | トップページ | セマルハコガメ 3世代 »