« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月29日 (木)

全てのハコガメが冬眠明け

この時期に初夏の陽気・・・^^;
Img_1473
極端に寒かったり、暑かったり・・・
今年も週間天気予報をチェックしながらの亀ライフです。

中国セマルの親個体と台湾セマルは半屋外の場所で冬眠させています。
完全な屋外冬眠でも大丈夫かもしれないのですが、
毎年同じ環境で冬眠が上手くいっているので、
変えない様にしています。

しかし、自家繁殖させた個体達の一部には、
自然任せで完全な屋外冬眠をさせている個体もいます。
Img_1499
今年も無事に冬眠明け。
今シーズンの冬は寒かったですし、雪もたくさん降りました。
一応、雪が積もらないよう板で囲い、南側の場所で冬眠させていました。
板は適度に密閉しない感じにしつつ、隙間風が入りすぎずな感じに。
陽が当たりすぎないための役目もありました。
Img_1500
Img_1508
今日は餌も食べていました。

半屋外で冬眠していた親個体達も昼間は外へ。
Img_1514
まだ緩慢な動きではありますが、
こちらも餌を食べ出しています。

ミツユビ達の方は、今年もこの古参の個体が最初に起きてました。
Img_1472
他の個体よりも一足お先に完全覚醒で通常モード。

ほとんどの個体はまだまだ寝起きモード。
Img_1513
この時期に見られる、陽に沿っての朝の甲羅干し風景。
全個体、今年も無事に冬眠出来た様子。

先に目覚めて室内に取り込んだグループは・・・
Img_1495
こんな感じ。
今年は頼むよぉ〜!^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

【イベント情報】Gecko Market 2018

Herp.SupplyのGo!!さんのブログにてイベント情報が!

Gecko Market 2018
http://www.geckomarket.jp/
というヤモリのイベントが2018年7月8日(日)
に開催されるようです。

詳細はHerp.Supplyさんのブログにも出ております。
http://herpsupply.at.webry.info/
確認してみてください^^

場所は東京都立産業貿易センター台東館とのこと。
行ってみたいと思っています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

はじまりのハイポ

去年孵化した色の薄いクサガメベビー。
兄弟でこんなに見た目の色が違う個体。
今までは、毎年孵化する個体の中で、
多少色の抜けた個体が孵化することはあったのですが、
「色の薄い感じの」とか、「ちょっと色の抜けた」という
表現を使っていました。

しかし、この個体は“ハイポ”と呼ぶことにしました。
Img_0640
その後、すくすくと育ち現在は甲長5cmを越えました。
Photo
Photo_2
Photo_3
♂っぽいです。
というか、もうこの尻尾なら♂だなと。

我家には、あるぞう君家からやって来た
不思議な色のクサガメもいるのですが、
Img_0458
Img_0459
“ハイポ”個体は、この個体とは別系統の普通の見た目の
クサガメから孵化しました。

♂親は、我家で孵化した中で色の抜けた感じのF1個体を使ってはいました。
その影響があったかもしれませんが、関係ないかもしれません。(苦笑)

あるぞう君家から来た不思議な色のクサガメ(以下あるぞうクサガメ)系統と
ハイポ個体を並べてみました。
Photo_4
右がハイポ個体2017CB
その隣の小さいのが、あるぞうクサガメ2017CB。
大きさが違うのは、色々ハイポの方にかなり比重を
かけているということで・・・(苦笑)

色の違いはありますが、左の2匹は2016年CBの
あるぞうクサガメ系統の兄弟です。

あるぞうクサガメは育つとこんな感じに。
Img_0463
赤い甲羅になります。

あるぞうクサガメCBの中でも、さらに色の薄い個体がいたりします。
あるぞうクサガメ2017CBは20匹ほど管理中ですが、
その中でも一番色の薄いと思われる個体を撮影のモデルに選んでみました。
Img_1369
Img_1367
Img_1365
あるぞうクサガメ2016年CBは、一番抜けた色の個体と
普通っぽい色の個体を撮影用に選んでみました。

アルビノではないので、写真だと伝わりづらい色なんですが、
普通っぽい色の個体とハイポ個体の甲羅の色を比べてもらえれば、
Photo_5
まぁ、違いますよね?ハイポって言って良いですよね?
ハイポです。

このハイポ♂用に、色の薄い♀を複数揃えてハーレム状態にして・・・

その子供達をさらに交配させて・・・・

オリジナルのハイポクサガメを・・・・・長いなぁ(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »