« 富士とヤシ | トップページ | ヤモリの体重測定 »

2018年1月10日 (水)

生存確認

冬眠中は、ほぼ放置状態なのですが、
冬眠している場所が湿り過ぎていないか?
乾燥しすぎていないか?
個体の状態はどうか?
の確認は時々しています。

まずはセマルハコガメ。
Img_1075
活動している時期は、人慣れして箱状にはならないのですが、
冬眠中はこんな姿に。
Img_1072
きれいな箱に。
隙間から顔を確認。
問題は無い様子。

ミツユビハコガメ。
空気穴の位置で潜っている場所がわかったりします。
Img_1068
Img_1071
表面の腐葉土をどけると甲羅が。
ちょっと乾き気味?
ここ2日くらい、1月にしては暖かいせいか、
わりと地表面付近にいました。
これが雪の降るような寒い日だと、
さらに10cm以上深い位置に移動したりします。
Img_1065
こちらの個体は地表面から5cmくらいの場所にいました。
Img_1064
鼻水・目やに等は無し。
順調に冬眠出来てるようなので、元の場所に埋めておきました。

|

« 富士とヤシ | トップページ | ヤモリの体重測定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150301/66263050

この記事へのトラックバック一覧です: 生存確認:

« 富士とヤシ | トップページ | ヤモリの体重測定 »