« ハコガメの冬眠環境 | トップページ | オニタマの成長 »

2017年12月15日 (金)

飼育下での冬眠の是非

寒いですね。
屋外の水棲亀は皆、水底でじっとしています。
Img_0914
クサガメとニホンイシガメの♂を除いて・・・。

♀はジ〜っとしています。
Img_0915
たまに目を瞑ったまま緩慢な動きで徘徊する姿は見られます。

我家ではクサガメとニホンイシガメの交尾は真冬に観察できます。
動きのにぶい♀の後ろから・・・というスタイルです。
繁殖を考えるのであれば、冬眠は必要だと感じます。

でも、繁殖を考えていないのであれば、
自然下では本来冬眠する種類であっても、
飼育下では無理に冬眠させなくても良いかなと思います。
今では飼育器材も充実していますし、
冬眠による事故死のリスクは無くなりますね。

|

« ハコガメの冬眠環境 | トップページ | オニタマの成長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150301/66160862

この記事へのトラックバック一覧です: 飼育下での冬眠の是非:

« ハコガメの冬眠環境 | トップページ | オニタマの成長 »