« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月28日 (日)

黒目

エクリプス
Dscf2150
黒目はズルイ。
かわいいと思います。
Dscf2152
この角度で撮ってみたくなるのです。
Dscf2143
脱皮前だとこんな色。

デブデブな感じだったので、
ここ最近は餌をセーブしてみました。
Dscf2148
ちょっと細くなったかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

♀かな?

すくすくと育っているオニタマ。
Dscf2138
Dscf2139
尻尾はこんな感じ。
今のところ、♀かな?と思うのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

スイミー

配合飼料は何種類か使っているのですが、
メインの一つがスイミー。
鯉の餌。
Img_0584
水面にバラバラッとまくと
Img_0586
ワラワラと群がってきます。

ハコガメにも与えています。
Img_0606
次々と寄ってくるので、臭いにも反応しているのかな〜と。
Img_0604
ここ数日は暑いので、爆食しています。
Img_0591
ハコガメ等には、最初に水へ投入し、ふやけた頃に網ですくって
陸地にまいたりしています。

30年くらい前に、コンクリート水槽で釣ってきた鯉を飼育してました。
「亀も一緒に入れても面白いかも!」で、
コンクリート水槽で亀を飼い始めて現在にいたるのですが、
その時に投げ込んだスイミーを亀が食べたことで、
「亀も食べるじゃん!」となりました。
それまでは、サイコロ状の乾燥イトミミズや
小さいドーナツ型の餌を使ってましたね。

そのスイミー。
Img_0582
買ってきたいつもの大袋タイプの口を、
カッターで一文字に切ろうとしたところ・・・
Img_0583
ジッパーがついた!
これはうれしい♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

白濁

グリグリヒットしていたセマルハコガメが先週産卵。
他の個体に食べられないよう、単独で管理してました。
Img_0551
2日程して帯状に白濁。
Img_0581
今年も無事に孵化すると良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

産卵場設置

暑い・・・今日の気温は夏ですね。
今年の東レプは仕事と行事で行けないなぁ。

クサ・イシゾーン。
Img_0375
産みたそうな個体がいたので、産卵場を設置。
Img_0572
Img_0573
早速穴掘りしてました。
産卵シーズン到来っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

ふと横を見ると卵らしきモノが・・・・

卵らしきモノというか
Img_0554
まぁ、卵でした。
Img_0556
相変わらず地表面に出た状態で産んであるハナナガドロガメの卵。
2個とも白濁確認しました。

こちらはミスジドロガメベビー。
餌だけ放り込むような管理方法ですが、
Img_0561
Img_0562
久々に持ってみたらこんなサイズ。
こんな色になってました。
Img_0564
一番小さいベビーも頭が虫食い模様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

よく飼いこまれた個体

週末、ふらふら〜っと(本当にふらふらだった・・・苦笑)
お友達の家へ遊びに行ってきました。
170513_153656
飼い主曰く、「もう死なないね。」
170513_153725
でかい!立派!そして、綺麗。
昔、U編集長宅にてグリーンウォーターからザッパ〜っと出された個体も
大きかったように記憶していますが・・・こっちの方がでかいかな。
あの静岡のあのベビーのインプレッサは、見事にバレーボールサイズに
育ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

桑の葉・桑の実

屋上の桑の木。
Img_0378
亀達の良い日影、良いおやつとなっています。
先月から今月にかけ、
Img_0357
葉は黄緑色から濃い緑に。
Img_0377
実も色付きはじめました。
Img_0539
そして、収穫。
Img_0540
実は、ハコガメ達のおやつになります。
Img_0549
葉は陸亀へ。
Img_0385
おやつというより、主食になる日もありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

全員集合〜セマルハコガメその2〜

台湾セマルも全個体目覚めて屋外スペースで活動しています。
Img_0513
殖えたら面白い程度で、結構放置気味なせいか、
卵の回収率は悪いです・・・^^;
♀2♂2とF1♀を一緒に飼育しています。

一番気に入っている赤みの強い♂。
Img_0515
Img_0516
実物と比べると、写真では伝わりづらいですが、
色の違いはわかるかな〜と。

この♂の血が影響してか?
Img_0431
ベビーの時点で赤っぽい個体が産まれたりします。
サイズですが、中国セマルベビー同様、去年のベビーが
一昨年のベビーを抜きそうな勢い・・・^^;

手元に残して育てていた個体は1匹だけだったので、
Img_0518
去年のベビーの中から何匹かは残そうかな〜と。
ちなみに、全部♂のような気がします。
(暑かったんだけどなぁ・・・暑過ぎたから?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

全員集合〜ミツユビハコガメ編〜

屋外飼育のミツユビハコガメ達。
左の箱が親個体。右の箱はCB個体。
Photo
繁殖している♀個体は、
A〜Dの4個体+某蕎麦屋の四代目からの預かり個体の5匹。

♂は現在オレンジ頭のA個体1匹ですが、
今年から♂B個体も性成熟してきたようで、
Img_0496
♂A個体とのつばぜり合いも始まりました・・・^^;

手元に残している個体で、多いタイプが♀Aと♀Bの個体。
とくに意識してないのですが、そうなりました。
こちらがA個体。
Photo_2
去年は産卵無し・・・
会長との共同繁殖計画の初期からの1匹で、ここ10年
毎年産卵していたのですが・・・
状態は悪いようには見えないのですが・・・
交尾してなかったのか?たまたまなのか?
今年はどうかな〜^^;

そのCB達。
甲羅の色が薄いタイプと濃いタイプ2タイプが出てきます。
Photo_3
↑こちらは薄い方。

こちらは濃い方↓
Photo_4
我家産としては、模様が綺麗に出る方かな〜と。
でも、模様は成長と共に薄れていくのか・・・
親個体の模様ですが、我家にやってきた当初は確認出来たのですが、
現在はほぼ消失。

どうも♀ばかりだと思っていたのですが、
最近になってチラホラ♂個体も。
Photo_5
♀親は違いますが、共通して顔が赤い。
Photo_6
この系統の♂特有の特徴・・・なのか?
しかし、♂と思えるまで数年かかりますねミツユビは。^^;


♀BのCBは、親そっくりな甲羅に特徴のある黒い縁取りが出ます。
Photo_7
成体サイズに成長した個体も。
まだ産んでませんが、産んでもおかしくないサイズかな。

こちらは♀親☆で、♂不明の会長から最初に預かった♀親からの個体。
我家の孵化第1号個体なんですが、
Img_0492
黒地だった甲羅の色が最近こんな感じに。
♀親はこの個体にソックリな個体でした。

他、冬場は室内でぬくぬくだった去年のCB達。
Img_0439
ほぼ♀B個体のベビーっす。
奥の方の模様が違う感じの2匹は、
♀Dと♀蕎麦屋からの2個体っす。

昨年は、暑さに油断して孵化率は散々でした・・・。
今年は気をつけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

全員集合〜セマルハコガメ編〜

屋外飼育(冬眠させている)の中国セマルハコガメ。
記録用に全個体撮影。
Img_0536
現在、繁殖させているのは♂1匹♀2匹。
他の3匹は次世代用の個体。
他、そこそこ育った♂2匹と♀1匹がお友達宅へ行ってます。

こちらは最古参♀(右)とその子供(左)。
Img_0524
2007年CBのそろそろ10歳なので、
産んでもおかしくない感じですが、もうちょい成長させたいなぁと。
無精卵を産んだら考えようかな。

こちらは2012年CBの♂。
Img_0537
まだ♀にかみついてブンブン振り回す行動は見られず。
成長を待ちます。

他、室内でぬくぬく育成組。
Img_0427
計7匹か。
冬の間に、昨年産まれの左下の個体が一番でかくなってました・・・。
写真で見ると、他の昨年ベビーも一昨年ベビーと同じサイズに
見えなくもない・・・一昨年の個体達、手を抜いたのか?\(;゚∇゚)/
実際に見比べると一昨年の方がガッシリはしていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

全員集合〜コンクリート水槽編〜

久々にコンクリート水槽の水を抜きました。
Img_0452
クサガメ達。
甲羅の色は色々です。

一番目立つのはこの個体かな。
Img_0458
Img_0459
この個体↑のCBはこちら↓
Img_0463
Img_0462
♂もわりと変わった色の♂(現在は完全に黒化)なんですが、
普通よりは茶色程度。
でも、面白いっちゃぁ面白い色かな〜と思ってます。
Img_0475
普通の個体と比べるとこの色の差。

こちらはアノ静岡の友情の白いクサガメ。
Img_0486
Img_0487
まぁ、白くは無い(笑)
ベビーの頃は白っぽかったです。

こちらは自家繁殖個体なんですが、
Img_0478
ある年のなんか色抜けしてて面白いから残してたんだけど、
現在は、ぱっと見は普通・・・裏返すとこんな感じという個体。

あと、こんなのも結構前から1匹いました。
Img_0456
3〜4年前から完全屋外で冬眠しています。

こちらはお気に入りの茶色い親クサガメ。
Img_0467
こういうタイプが好きです。

あとは、イシガメ達。
Img_0454
全個体、無事に冬眠明けして餌食いも良好っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

ビバガNo.77

独立創刊号
Dscf2137
トークステージにあのナマズの松坂さんが!
たしか自分が小学生の頃くらいに、
水槽の重みで床が・・・という話をなにかの本で読んだ記憶があるなぁとか、
テレビでゼブラキャットのを食い入るように観たっけなぁ〜・・・懐かしい。

また、『巨匠引退』のページにも手がとまりました。
コーナーは次回もあるから続くのかな。

GW中にジックリ読もうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »