« ヒョウモンナキヤモリの観察〜卵の管理編〜 | トップページ | この時期の甲羅干し »

2017年4月 5日 (水)

台湾セマルも冬眠明け

ここ2〜3日で、次々とハコガメ達が地上へ出て来ています。
中国セマルに続いて、台湾セマルもお目覚め。
Photo
まだ、ボォ〜っとした顔をしていますが、
状態は良いようなんで無事に冬眠明けっす。
Photo_2
↑右が♀で左が♂。

最近地上をウロウロしている最古参の中国セマルと並べてみました。
Photo_3
Photo_4
Photo_5
Photo_6
うちに遊びに来た方や、イベントで展示した際に見てもらったりすると、
「全然違いますね。」って言われます。
ボリュームや甲羅の形に色。
あと、大きさは写真では伝わりづらく、
実物を見た人からは「でかっ」と言われます。(;゚∇゚)
Photo_7
↑左から台湾♂と♀に中国♀と♂。
最古参の中国セマルは飼育して30年になります。
台湾産も我家に来て十数年経ちました。

で、比べてみたら、2〜3年前までは、我家のセマルの中で
一番でかい個体は中国セマル♂の甲長17cmだったのですが・・・
Photo_8
↑左の台湾セマル♂が19cmになっていました。
でかい。計ってみてチョット驚きました。(笑)
右は17cmの中国♂。

ちなみに、現在我家の中国セマルの中で一番大きいのは
甲長18cmの若い♀で、最古参の♀は17cmです。
産みはじめが甲長16cmくらいだったのですが、
それから20年程で1cm程度しか成長していません。
この辺の要因は産卵にあるかもなんですかねぇ。
丸っこい体型なんでボリューム感は増していますが。
Photo_9
↑冬眠明けで、顔の発色がいまいちな最古参♀。
安徽省型では無く、昔はデパートの屋上でマレーハコガメと
ワラワラ一緒に売られていた、ごく普通のタイプ。
他の個体と比べると、色はちょいと抜けてる方なのかな〜と。
            ・・・老化もあるかな。(゚ー゚;)
安徽省型は某お宅で親個体を拝見させて頂いた事もあり、
甲羅の“赤”の出方と色合いを見て別モノだと思いました。

最後に横から
台湾♂
Photo_10
台湾♀
Photo_11
中国♂
Photo_12
中国♀
Photo_13
定期的に画像を載せておくと、
自分の観察記録として、とっても便利だったりします。(*゚▽゚)

|

« ヒョウモンナキヤモリの観察〜卵の管理編〜 | トップページ | この時期の甲羅干し »

コメント

こんにちは

先日はお忙しい中、貴重なお時間ありがとうございましたー

飼育環境に!!
実物のセマルのデカさに!!
今度は是非是非うちにも。


投稿: chiぁ~ | 2017年4月 6日 (木) 11時47分

先日はお疲れ様でした〜^^
もうちょっと暖かくなると、亀がワラワラと動き出すので、
その頃にまた遊びにきてくださ〜い。

自分もお宅訪問させて頂きます!

投稿: かめぞー | 2017年4月 6日 (木) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150301/65111833

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾セマルも冬眠明け:

« ヒョウモンナキヤモリの観察〜卵の管理編〜 | トップページ | この時期の甲羅干し »