« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

成長記録

2015年CBの台湾セマル。
生後2年くらいは、冬場は冬眠させずに室内で管理。
Photo
この個体の♂親は色が抜け気味で甲羅の色が全体的に赤く、
その血のせいか?孵化当初から色が抜けていた個体。
Photo_2
Photo_3
色の比較。
左は2015年CBの中国セマル。
右が台湾セマル。
真上から甲羅の形を見てみると、
台湾の方は親同様に先端が細く靴べら状(仲間内での言い方っす)
になってきました。
うん 赤い! 楽しみな個体っす♪(゚▽゚*)

こちらは2016年CBの同じ系統の台湾セマル。
Photo_4
上記の個体ほど薄い色ではありませんが、
通常の個体よりは赤っぽいかなぁと。
スペースの都合上、同じ年生まれの中国セマルと一緒に
管理していますが、色、とくに顔の色を見れば簡単に
見分けがつきます。
Photo_5
交雑しちゃうと面倒なので、ある程度成長したら別々に管理っす。

台湾セマルの種親は♂2♀2で、
こちらは赤っぽい方とは別系統の個体達。
この時http://kamezo-diary.cocolog-nifty.com/kame/2016/10/post-a15a.html
に登場した3匹です。
Photo_6
孵化当時は奇形かな?な、まん丸だった一番小さい個体。
Photo_7
他の兄弟と比べると相変わらず小さいですが、
見た感じ普通に・・・。いや、まぁ、普通の方が良いのかな。
Photo_8
甲羅の色合いも、いたって普通な感じ。
なので、赤っぽい個体の成長がますます楽しみだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

ビバガNo.76

Dscf2016
創刊20周年号。
創刊号はその頃に買った記憶がありますが、
その後は仕事が忙しく、過去の号を集め出した頃には
時既に遅し、15号以前のモノは、ほとんど持っていません・・・。
これからも続いて欲しい雑誌っす。

機会があれば、カメレオンモドキはまた飼育してみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

横顔

去年孵化したヒョウモンナキヤモリ。
Img_0004
Img_0004a
まだ親よりは二周り・・いや、三周り小さいかな?
それでも良い感じに成長しています。
ベビーから同じ環境で育てているので、
親よりは物怖じしない・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

90cm水槽の面々

飼育部屋で一番水量の多い90cm水槽。
バトラクスキャット元気です。
Img_1029
餌は冷凍モノがメインとなりました。

主以外には、ヤマトヌマエビとオトシンクルスと
Img_1024
なんとなく入れてみたネオンテトラ。
Img_0021
先月の某イベントの某ブースにいた石巻貝など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

大好物 バナナ

M産2014CBのヒラセ。
Img_0015
昨年屋外で飼い始め、秋頃から12月上旬までは半屋外の場所にいました。
腐葉土の中に潜ってこのまま冬眠・・・という感じでしたが、
某ヒラセブリーダーさんのお話を聞き、サイズもまだまだだし、
怖いからやっぱ室内へ。
現在は温々と過ごしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

水中冬眠

屋外の水棲亀達。
Img_1031
Img_1034
クサガメ・イシガメ親個体の水深40cm程。
キボシの水深15cm程。
お気に入りの場所はあるようですが、たまに徘徊して移動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

今年もいつも通りな感じで

タイトル通りな感じでブログはコツコツ頑張ります。

今年は動物取扱業の登録の五年に一度の更新。
年末に書類を作り、4日に検査の連絡があり、さっき終わりました。
石原さんから小池さんの名前の登録証に変わります。

昨年はイベント出店は出来ませんでしたが、今年は“とんぶり”には出店したいなぁ〜と。
Img_1013
写真は去年のハコガメベビー達。
温室の中で元気に過ごしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »