« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月27日 (水)

ハッチ直後の個体の管理

本来は、親がしっかり掘った穴の中で卵はハッチします。
そして、ヨークサックを吸収したベビーは地上へと出て来ます。
飼育下であっても、卵をわざわざ掘り起こさずとも、
ハッチ出来そうな場所であれば、そのままでも良いと思います。
ですが、自分は穴を掘り返して卵を回収するようにしています。

理由としては
・複数飼育をしているので産卵する場所がかぶり、卵を掘り返される。
・大雨の際、水没の危険がある。
・管理がしやすい。
・せっかく飼育してるんだから間近で観察したい。
・孵化したベビーが親個体に・・・・(´;ω;`)ブワッ
などです。

飼育下での孵化方法は、適度な温度と湿度があれば方法は色々。
好みの方法で良いと思います。

亀を繁殖された方の中に、
ハッチ後「出て来た〜♪」と喜んでお腹を見ると、
「ゲッ ヨークサックでかっ(汗)」という経験をされた方は
少なくないと思います。(自分もです・・・苦笑)

本来は暗い穴の中でハッチとなりますが、

羊膜と殻を破って初めての呼吸。

卵の中でヨークサック完全吸収。

地上へ。

となりますが、

飼育下ですと、管理している場所(部屋)が明るいと、
『ん?なんだなんだ?」と、隠れている感が無くなってくるのか?
落ち着かないのか?
ハッチ直後にヨークサックが吸収しきれないまま出て来る事があります。

なので、自分はなるべく暗い場所で保管するようにしています。
もし、それでも出て来てしまった場合は、水ゴケだけの容器に移します。
Img_0452
殻の原型が保たれていれば、再び殻の中へ押し込むこともあります。
この時に使用する水ゴケは、あまり絞らずビショビショのままっす。

手足は出しちゃったけど、羊膜もあるし、まだまだヨークサックが
でかい・・・という時には、他の卵の殻でパッチをしたり被せたりします。
それ用に、綺麗な形で残っている殻はつねに水ゴケの中でキープしています。

ヨークサックが乾かないよう、湿度を高めに保つことが大事ですが、
通気も考え、容器には小さい穴を数カ所開けています。
親個体が掘った穴って良く出来ているな〜と思います。

他の容器への移し替えは、孵化した個体が他の卵をひっくり返さないように
する方法としても有効なので、ハッチがはじまった卵は、気付いた時点で
水ゴケ容器に移動させています。
Img_0462
そんな方法を今年もやりながら、ぽんたさんの♀親1クラ目3個共ハッチ。
Img_0454
もうすぐヨークサックを完全吸収。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

2年連続

まだ出て来ていませんが、
Img_0446
今年もいけそうっす♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

泥んこ

現在のセマル2015CBの飼育環境。
Img_0325
朝日は当たるけど昼間の直射日光は当たらないよう、
庇の下に置いています。
床材は黒土と腐葉土。親個体と同じ感じっす。
見た目は泥だらけですが、甲羅はツルンと育ちやすい。
屋外であっても、日影のハコガメゾーンの古い床材はカビの温床に
なっていたりして、甲羅に白いカビが付着する事があるので、
念のため新しい土か干した土か焼いた土を使用しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

獲物を狙う

壁に貼りつき、地表で蠢く獲物を狙う。
Img_0346
Img_0349
孵化したベビーも同様の行動を見せます。
Img_0398
1cmサイズの獲物もなんなく咀嚼。
順調に育っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

産卵シーズン後半

産卵ラッシュのピークは過ぎた感じです。
Img_0399
写真はある日のクサガメ産卵場から掘り出した卵。

今年も色々な卵300個近く管理中。
そろそろハッチしそうな卵もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

みなぎる雨の力

どしゃ降りに乗じてセマル♂が逃走。
屋上を縦横無尽に走りまわっていました。
Img_0423
この♂だけは油断すると囲いを越える事があります・・・^^;
高温+大雨=セマル絶好調!
Img_0420
雨の日の姿が一番見栄えも良いっす。
Img_0418
本気で走られると結構早いっす。
Img_0434
囲いを強化して元の場所へ。

12cmグループも囲いをよじ登ろうと
Img_0433
Img_0436
奮闘していました。
もうすぐ上部に手が届きそうなので、こちらの囲いも強化しなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

こちらも2クラッチ目

お友達のブログや日記を読んで、
「そういやキボシって2クラ目もあるんだっけ・・・」
ってことで、グリグリしたらヒット!

産卵出来る場所へ移動したところ・・・
Img_0405
見ている前でいきなり穴掘り開始。(゚▽゚*)
そして、2個産卵。
Img_0410
形が違うのはご愛嬌?
翌日には2個とも白濁していました。
楽しみっす♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

ミツユビハコガメ2クラ目終了

ミツユビハコガメ軍団の2クラッチ目が全て終了。
たまに3クラッチ目を産む個体もいますが、これでほぼ終了かなと。
Img_0356
どの♀個体の卵も今年は発生しています。
昨年は大量に無精卵が出たので、意識してペアリングさせたのが
良かったようです。^^
あとは無事に孵化すれば良いなと。

気になったのが、今年は無精卵すら産まなかった個体がいました。
Img_0362
いかにも「ミツユビ!」という印象の
会長との共同繁殖計画で我家にやって来た古参の個体。
甲羅の模様は老化もあってだいぶ消失してきましたが、
かかってなかったので産まなかったのか?(去年は無精卵)
老個体だからか?
じつは産んでるけど自分が気付いていないだけか?
個体自体は大変元気っす。

最近の♂親はこの個体。
Img_0366
オレンジ顔の個体っす。
甲羅の雰囲気は上の♀と同じ感じ。
こちらの甲羅の模様もだいぶ消失してきました。
Img_0369
右が♀で真ん中が♂。そして左がこのペアでのF1個体。
雰囲気は似ています。
Img_0383
目が特徴的なこんな個体なんですが、
並べてみたら親とかわらないサイズに育っていました。
虚弱で手元に残していた個体だったので感慨深いっす。

ただ、こんな感じの個体が孵化する一方、
最近のこのペアのCBは、
Img_0384
Img_0389
こんな感じ・・・全体的に色が濃く、模様が派手に見える個体ばかり。
数年前に色の濃い♂がいたので、その血が残っていたのかどうか・・・?
♀親が一度リセット状態になったみたいですし、
もし、来年以降に有精卵を産むようなら、
どんな個体が誕生するかちょっと興味深いっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

水場へ

円盤ケージ内に作ったコンクリート池。
Img_0340
Img_0344
餌をまくと次々にダイブ!
作って良かった^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

産み場所

テレビ番組「ダーウィンが来た!」の中で、
ニホンイシガメの産卵シーンがありました。
イノシシ等の天敵に卵が狙われないよう、ビニールハウスを選ぶ個体も
いるかのように放映されていましたが、たまたま気に入った産卵場所が
ビニールハウスだっただけで、そこまで考えちゃいないだろうな〜と。^^;

産み場所の温度にはこだわるようで、鼻先を地面につける行動を見せます。
イシガメ・クサガメは陽当たりが良い場所に深く穴を掘って産みますね。
Img_0351
Img_0354
どの個体もだいたい同じような場所に産みます。
産んだ後はすぐに回収しないと、次の個体に掘り起こされる場合も・・・^^;
セマルなんかだと浅く産むためか、シェルター内等日影を好みます。
この辺は生息地の環境の違いなんでしょうが、観察していて面白いっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

卵多めな感じ

プラケの産卵場で掘り掘り。
Img_0337
Img_0338
ミスジロドガメがまた産卵。
この個体は12月下旬に産卵(5個)した後、
4月中旬に産卵(4個)し、6月初旬にも産卵(3個)。
今回は2個。
他の個体の卵もあわせると、現在管理中の卵は30個近い数。
そろそろ孵化しそうな卵もあり。

♂がすぐにのっかって、♀が落ち着かないので、
最近は♂だけ別の場所で管理しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »