« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

次世代の若者達

我家で殖えたセマルハコガメ。
2007年CB。♀。
Img_0884
Img_0889
さっき計ったら甲長14cm。
繁殖にはもう一回り育ってからかな〜と。
この個体が何年のCBか調べるのに、過去の記事を辿ったところ、
2007年CBだと判明しました。(苦笑)
2008
↑2008年10月の日記で見つけた写真。
こんな写真を撮った記憶はあった(^-^;)
真ん中の個体が上の個体っす。
ちなみに、一番右の個体は2006年CBで、
Mさん宅に嫁ぎました。(笑)

で、こちら↓は3年前に行った、
次世代の♂候補繁殖計画(いつもより低温に管理しただけ)
で誕生した2012CB。♂!。
Img_0877
Img_0878
甲長12cm。
♂確定のあたりで、適度に手を抜いたせいか?(゚ー゚;)
冬眠させてる事もありますが、ゆるやかに成長中。
この♂が無事成体になるまでの保険も兼ね、
今年辺りもう1〜2匹♂をキープしようかな〜と。
今年のセマル卵は全て低温気味で管理中。
まぁ、最近涼しいので、特に何をするでもなく、
ほぼ無加温なんですが。\(;゚∇゚)/アハハ

さいごに、こちらは台湾セマル。
Img_0875
Img_0876
♀ですね。
こちらの卵も低温ゾーンで管理してます。
さてさて どうなるかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

ミツユビ親子

1クラ目から20日程過ぎ、2クラッチ目の産卵に備え、
♀親だけを産卵場に集めました。
Img_0844
卵は現在まで23個確保しました。全部白濁しています。

こちらは手元に残しているCB達。
Img_0845
ここ最近の♂親はこの個体。
Img_0868
全体的に明るいオレンジ色をしています。
模様もあったようですが、このタイプは年を重ねると消失していくのかな〜と。

Aグループの♀親。
Img_0856
ベビー達も成体になるとこんな感じになるのかな〜と。

このグループの最年長の個体がこんな感じになってきました。
Img_0869
Img_0870
成長力が乏しく、翌年・翌々年のCBに甲長を追い抜かされ続けていた
個体なんですが、最近ではそれなりに大きくなってきました。
感慨深い・・・個人的にゴールドアイが気に入っています。
♀なので、いずれはF2をと・・・。

その下の世代はこんな感じ。
Img_0848
だいたいこんな模様になります。
Img_0853
色は薄かったり濃かったり。
顔に模様の入る個体もいれば、真っ赤な顔をした個体も。

去年、手元に残した個体。
Img_0849
一番綺麗だったのですが、そんな個体ほど成長力が弱い・・・(苦笑)
甲羅は固いのでこのまま育っていきそうではあります。

Bグループの♀親。
Img_0860
Img_0862
一見、ほぼ無地な感じの上から見るとまん丸な個体。
特徴的な黒いラインが甲羅に入ってまして、
Img_0846
CB達にはそれが顕著に出ています。
♀親も昔はこんな感じだったのでしょうか?
甲羅の形もそっくりに育ちます。

こちらはCグループの♀親。
記念すべき会長との合同繁殖第一号個体。
Img_0859
Img_0857
地の色は甲羅も頭も黒で、黄色の水玉模様。
今は亡き♀親そっくりに育ちました。
この個体のCBも綺麗な個体が多く、イベントに持って行くと
毎回いなくなってしまうので、手元にいるCBはこの1匹だけ。
Img_0854
♀親のベビーの頃に似ているので、同じ雰囲気になるかな〜と。

あと、Dグループは
Img_0850
別名、蕎麦屋グループ(笑)
親は今年も1クラ目5個、2クラ目4個産みました。
どの卵も同じ環境で管理しているのにもかかわらず、
このグループだけは、かなりの高確率でブタの尻尾ベビーが誕生・・・。
今年はどうか?
検証したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

またでかくなった

「ベビーからの飼育はどうなんだろ?」と、ドキドキでしたが・・・
Dscf1461
なかなか立派な体型に。
餌もよく食べます。
最初は活餌でしたが、最近は冷凍コオロギがメインになりつつあります。
Dscf1465
カスクが伸びてきたような・・・
Dscf1466
後ろ足のかかとに突起が出れば♂かな〜。
さてさて・・・。

今日は初めて中野の爬虫類カフェに行ってきました。
Dscf1484
カウンターと後ろのケージが良い感じ。
イグアナの話が色々聞けました。
また行ってみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

孵化間近

ハナナガドロガメの卵。
Img_0827
表面が真っ白になり、ヒビも入りました。

♂親はちょいちょい♀にのっかってます。
Img_0821
Img_0825
♂同士は小競り合いが見られるので、♂だけケージは分けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

卵いろいろ

昨日掘り出した卵達。
Img_0832
右側はイシガメ。
左側はクサガメ。
Img_0834
この卵はたぶん、無精卵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

餌喰い良好

ヒラセベビー。
餌欲しさに寄ってきます。
Dscf1431
甲長は7cmを超えたくらい。
Dscf1450
Dscf1453
以前のケージでは狭そうだったので、お引っ越し。
こんな感じで管理っす。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

日々成長

エボシカメレオン。
Dscf1458
我家に来て一ヶ月・・・でかい。
昨日よりでかい。
明日はきっともっとでかいはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

産みました

産卵用ケージに入れていたプラテミス。
産みました。
Img_0815
水槽ではこんな感じだったので(産んだのとは違う個体ですが・・・)、
Img_0801
繁殖実績もあるので、たぶん有精卵じゃないかな〜と。

卵は30℃を超えると、危険なイメージ。
25℃前後で3ヶ月キープしてから低温にするか?
でも、9月下旬から10月じゃ、まだまだ暑そうだしな〜・・・。
1ヶ月25℃前後でキープして早めにワインセラーにでも入れるか?

とりあえず1ヶ月様子をみよ〜っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

ごちゃまぜ

屋外のステンレス水槽。
大型の個体は入れていないので、齧られる被害も少なく、
ホテイアオイが殖え放題でギッシリと。Img_0791
ニオイガメ3種とドロガメ1種にもう1種という感じで飼育中。
冬眠もそのまま出来ました。
Img_0787
なんだかんだで育ってきたな〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

クレス♂の巨頭化

飼育5年程のクレス♂
Dscf1436
♂は頭が大きくなるようで、
この個体も良い感じに。
Dscf1441
バタつかず、餌はなんでも食べてくれて飼い易い個体っす。

こちらは♀↓
Dscf1445
2年前、交尾後に卵をたくさん産んだために、
だいぶカルシウムを持っていかれて小さくなった印象でした。
その後は交尾はさせず、体力回復モードで管理。
最近、無精卵を2個産んでました。
去年は産んでいなかったので、体調は良くなってきたのかな〜と。
いまのところ、繁殖は考えていませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

どうやら卵があるようだ

2003年から飼育開始したプラテミスの♀親。
窓際の室内飼育で甲羅にコケがついて汚かったのですが、
最近はテトラのブラックウォーターでつねに水を茶色くしている効果か、
コケがすっかりなくなって気分が良いです。(笑)
状態もこの方が良い様子。
Img_0783
状態チェック中に、おもむろにグリグリしたら卵の感触。
とくに狙ってクーリングらしい事はせず、
秋頃まで外飼いで冬場は室内加温飼育なので、微妙にサイクルが狂うのか?
ここ最近は産む時期がバラバラ・・・(;゚∇゚)
10月頃の産卵だと冷やしやすくて良いのですが・・・
Img_0781
まずは産んでもらってから考えようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

エボシ日記

あの大きな♀ですが・・・☆になりまして・・・

相方が、もう一度挑戦したい!!という事で、
東レプ会場で探しました。
手頃な気に入ったサイズはいなかったのですが、
カメレオン屋さんと、ず〜っと話込んだ相方が決めたのが
Dscf1294
このエボシベビー。
Dscf1307
とりあえずこんな感じで飼育スタート。
落ち着かなかったので、枝を数本追加したら落ち着きましたね。
Dscf1296
小さい。触れるのがこわいくらい細い小さいでもかわいい。
Dscf1389
上へ上へと行く習性があるので、目の前に手をやると登ってきます。
最初の餌はイエコのSSサイズ。
Dscf1406
それから一週間、二週間が経ち・・・
すくすくと育ちます。
Dscf1425
現在はこんな感じ。
             成長早〜い!((・(ェ)・;))
朝起きてケージをのぞくと、
昨日より成長した姿が・・・という感じっす。
6gスタートから現在は21g。
Dscf1422
我家に来てから脱皮も2回目。
イエコの成虫サイズも食べれます。
さらに、
Dscf1426
Dscf1427
頂いたユスラウメを見せたところパクリ!
虫以外も食べるとは聞いていましたが、食べますね。
Dscf1415
プラケは脱走しそうなのでアッサリ卒業。
現在の家は鳥カゴです。
このまま順調に育てば良いな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

産卵の瞬間

明日は九州レプタイルフェスタですね!
http://q-rep.net/
今年は行けませんが、九レプは前夜祭から楽しいっす♪

さて、たった今ですがセマルが産卵。
久々に産卵の瞬間に立ち会えました。
産みたそうだったので、産卵場に移したら即でした。
Img_0776
Img_0777
Img_0778
Img_0779
Img_0780
穴掘り開始から1時間程で産卵。穴はこんな感じの浅さなので、
複数飼育だと他の個体に食べられてしまうので注意。
だいだい夕方の薄暗くなる頃に穴を掘り始めるので、
他の個体が寝床に行くので大丈夫な場合もありますが、
産みそうな個体は隔離するようにしています。
今回は3時台の産卵だったので、いつもの飼育ケージだったら
他の個体に見つかってアウトだったかな〜・・・\(;゚∇゚)/

今日は涼しいので、このまま低温気味に管理してみよう〜っと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

ミツユビ産卵開始

ミツユビハコガメ達の産卵も始まりました。
Img_0772
この個体は我家産のF1個体で、多産です。
Img_0775
7個産んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

爬虫類カフェ

横浜に遊びに行った際、行ってみました。
Dscf1398
Dscf1394
このケージ欲しいと思いました。(笑)
ほぼ満席の状態でしたが、のんびりと店内を見学。
雑誌を読みながらのひとときでした。
Dscf1397
外は「真夏か!?」という暑さだったので、
冷たい果実茶がおいしかったっす♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »