« ビバガNo.65 | トップページ | ハコガメCB軍団 »

2014年5月24日 (土)

産卵場設置

クサガメ達をぐりぐりしたところ、卵を持っている個体多数。
産卵場を設置・・・の前にコンクリート水槽の掃除。
Img_0608
陸場の土台のビールケース。
Img_0610
シェルターも兼ねています。
開口を広げ、中のビールを差す場所は、
亀が詰まらないよう切除してます。
Img_0611
水を抜き
Img_0618
産卵場を設置。
Img_0621
黒土を4袋分入れ、手で押し固めたら
Img_0622
できあがり。

そして、早速
Img_0626
穴掘り開始!

|

« ビバガNo.65 | トップページ | ハコガメCB軍団 »

コメント

こんにちは
産卵床の設置がもう少し遅れたら水中産卵?
それとも産卵床与えてくれるまで待ってるの?

ハコガメ産卵情報もお願いしますね~
皆様んちの産卵情報参考になります。

来週あたりかな?って期待しています。

投稿: ぽんた | 2014年5月24日 (土) 22時35分

あ、、おれんちもヨーロッパヌマとかの産卵場を何とかせねば。
砂(不洗・荒目)だと水はそんなに汚れないけど、なんか上手く回収できませんわ。
見習って黒土にしてみようと思う!

投稿: どよう | 2014年5月25日 (日) 22時50分

かめぞーさん・どようさん
産卵床について、横やり失礼~

黒土か砂か・・・

産卵の瞬間に遭遇できればいいけど、
黒土だと、あとで掘り返す時、土が固まり過ぎて卵が割れやすくないですか?
砂の場合、固まらないので後々の回収が安全かな~と思っていますが・・・

今、キボシの産卵場をボックスで新たに作ってるトコですが、
黒土か砂か・・・
メリット・デメリット教えてほしいです。

投稿: ぽんた | 2014年5月26日 (月) 01時29分

僕の場合は砂にしてましたが、産卵の島が小さいが主な原因なんですが、湿度管理ができません。
カラカラにしちゃったり、べちゃべちゃにしちゃったりで、回収が遅れるとすぐアウトです。
ちなみに室内ミズガメの産卵箱は赤玉土です。これが湿度管理は一番だけど、とにかく水が汚れます(笑)

投稿: どよう | 2014年5月26日 (月) 10時34分

>ぽんたさん・どようさん
どもども〜
黒土でも砂でも条件が良ければどっちでも産むと思うのですが、
ドーム状に掘り易い状態が良いので、
粘土ちっくな黒土を毎年使ってます。
乾燥してるかどうかも黒土の方が見分けがつきやすいですしね。
安いし。(笑)
植木にも使えるし。(笑)
水は汚れるけど・・・。(苦笑)

ハコガメも黒土使ってます。
今年の産卵は6月中旬くらいからかな〜と。

投稿: かめぞー | 2014年5月26日 (月) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150301/59697388

この記事へのトラックバック一覧です: 産卵場設置:

« ビバガNo.65 | トップページ | ハコガメCB軍団 »