« クリーパーNo.63 | トップページ | 冬眠ゾーン »

2012年11月 1日 (木)

ぶりくら前後の日記

神戸から帰ってきたミツユビベビー。
Dscf2593
しっかり大きく育てようっと。
買ってくれたお客さんが成長した写真を持って来て見せてくれたり、
お友達ブログで成長した姿を見たりしていますが、
自分の目でも「この模様のタイプは成長するとこうなるんだ〜」と、
把握はしたいな〜と。(^-^;)
とりあずは、目指せ8cmサイズ!

で、ミツユビの親達ですが、
Dscf2602
Dscf2605
セマルゾーンへ移動。
セマル達はいつもの半屋外の冬眠場所へ移動させました。
すでに潜っています。
ミツユビの方が寒さに強いのか、動きまわるのでまだまだ外っす。
FRPの円盤ケージは上からですが、こちらは横から見れるので、
管理しやすいっす。しばらくここで状態チェック。
本格的に寒くなったらセマルと一緒の場所へ移動です。

環境は、腐葉土を敷いて、屋上にあった葉っぱ等をシェルターに
なるようにごちゃ〜っと。
Dscf2606
動きは緩慢になってきました。
陽当たりの良い場所に出て来ています。

隣のゾーンにはニシキハコガメ。
こちらも同じような環境になっています。
Dscf2607
潜って出て来ない個体もいますが、
Dscf2608
ちょくちょく出て来て餌を食べる個体もいます。
来年は頼むぞ♂!

そして、FRPの円盤ケージはというと、
Dscf2609
シェルターをどかして土を耕し、今年もプチ小松菜畑にしようかなと。
出て来るミミズは亀の餌。(笑
Dscf2611
一昨日の光景っす。
今日はさらに寒いので出て来てないですね〜。

それからなんと!
Dscf2599
土を耕していたらミツユビベビー3匹ゲット!(゚▽゚*)
3クラ目があった模様。
Dscf2626
模様といい、小ささといい、多分F1個体の子かな?
翌年の春にクサガメやセマルのベビーを発見したことはありましたが、
ミツユビでこのパターンは初めてっす♪

あと、ぶりくら前日には
Dscf2591
台湾セマルもう1匹孵化!最後の卵かな?
色白系っす。

冬も飼育が楽しめそうっす♪

|

« クリーパーNo.63 | トップページ | 冬眠ゾーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150301/56018464

この記事へのトラックバック一覧です: ぶりくら前後の日記:

« クリーパーNo.63 | トップページ | 冬眠ゾーン »