« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

桑の葉 収穫

暑い夏の日差しを遮る日除けとなってくれた桑の葉。
気温も下がってきたのでバッサリと。
Dscf2367
Dscf2368
どっさり。

早速リクガメ達へ
Dscf2377
Dscf2372
さすがに1回では食べきれなかったようで、
ケヅメが食べ残す姿を久々に見ました。(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

ミニマム級

さてハッチしたこの卵。
何亀か?
Dscf2381
ミスジドロガメかな?
Dscf2383
いえいえ・・・

クサガメです。\(;゚∇゚)/
Dscf2384
100円玉とも記念撮影。
Dscf2385
小さい・・・
過去最高に小さい・・・
産んだ卵も相当小さかったのですが、白濁!
てっきり小さい♀が産卵するようになったのかな〜?
とも思っていましたが・・・・うすうすコレか?
とも思っていたのですが・・・
Dscf1761
産んだのはこの個体!(゚ー゚;

我家で1、2を争う大きさなのに、2クラ目の卵で
こんなミスジドロガメの卵みたいなサイズを産みました。
もともと体の割に小さい卵を産む傾向にはあったのですが。
Dscf2388
甲羅の大きさはミスジドロガメとほぼ一緒。
クサガメ繁殖歴は25年位ですが、こんな小さいのは初めて。
以前、甲長14cm程の小さい個体が産んだ卵も小さかったのですが、
それより小さいとは・・・。
Dscf2399
普通サイズのベビーと比べるとこんな感じ。
Dscf2400
純粋に小さいだけで未熟児という雰囲気もなく、
結構身体はしっかりしています。

こんな個体があと数匹は誕生しそうっす。(^-^;

因に、育つと
Dscf2392
Dscf2391
こんな感じになっていくようです。
この系統はF2まで見てみたいかな〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

もう一回りの成長を期待

普段は別々に飼育している♂♀を撮影のため一緒に。
Dscf0437
♂は威嚇気味・・・(^-^;

最近は♀の方が食欲旺盛な感じ。
Dscf0438
来た当初はチョット食が細く、餌の与え方も気を使ったのですが
現在はピンセットからすぐに食べます。

そして、♂は
Dscf0440
相変わらずの威嚇屋さんですが・・・
まぁ順調に育ってるかな〜と。

このペアには期待したい!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

ザリガニと貝

あの猛暑も唐突に終わって(^-^;)涼しくなってきましたね。
ミスクレの大増殖大会の前に掃除しました。
新しいプラ船のお家です。
Dscf2330
狙ったわけじゃないけど良い感じに流木と植木鉢に
ウィローモス的なモノが覆ってます。
数年前からスイレン鉢で大発生しチョット移植。
通年屋外でこんな感じ。
Dscf2331
ミスクレのメインケージは2つ。
基本、放置に近い飼育環境なので、適度に共食いあり(^-^;)で
数はこんな感じ。他、餌用や気まぐれで亀ケージに入れた個体が
殖えたりもしています。
Dscf2334
中型以上の半数がこんな感じで卵を持っています。
暑さのせいか?今年は例年より遅い感じ・・・。
・・・去年みたいなベビーパックは“とんぶり”には
間に合わないかも\(;゚∇゚)/
Dscf2351
こちらもミスクレのお家。
同居のタニシとメダカが勝手に殖えています。(笑
床材は土でドロドロ・・・水を抜いたり足したりはしますが、
泥はそのままで数年・・・(^-^;)なので掃除はせず!
こちらでも卵を持っているミスクレは確認。
Dscf2352
この間、あるぞう君がドロ・ニオイの餌に・・・と、
お土産で採ってきてくれたシジミやらカワニナを投入。
とりあえず、シジミはまだ生きてます!

シジミとカワニナは、室内の空いてる水槽にも投入。
Dscf2350
Dscf2348
ドロガメのアダルトサイズは、小さいシジミならバリバリ
食べてる感じだけど、アドバイス通り小さい個体には
ハンマーで割って与えた方がホント良いかも。

でも、飼えてる感じだとそのまま飼う方向になりそうな今日この頃。(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

1円玉サイズ

ミスジドロガメ孵化!
Dscf2336
Dscf2343
毎回思いますが本当に小さい。(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

みんな集合〜

タイトル通り。(笑
Dscf2318
もうすぐ“とんぶり”♪
地元開催ですし賑やかに展示したいなと。
きっと ある・・かめぞう君が車で迎えに来てくれるので、
セマルとミツユビの親個体も展示用に持って行く予定です。
Dscf2321
ハコガメ軍団は全てカメプロスのみで餌付け。
今年はコオロギで餌付けしないで済みました。
与えれば喜んで食べるでしょうが。(^-^;
柄が綺麗そうな個体、大きい個体、小さい個体で分けています。
Dscf2322
こちらは綺麗になりそう組。
左下のベビーは♀親(F1)がベビーだった頃にそっくり。
去年はこの色と柄じゃないベビーが孵化したのですが、
1匹だけ誕生。
感慨深いものがあります。(笑

イシガメはオレンジの強い個体も誕生しています。
Dscf2325
クサガメも微妙に面白い感じのがいますが・・・
Dscf2324
この辺は自己満足な世界。(゚ー゚;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

日々成長

去年家に来た頃の写真。
Dscf9034
でもって、

現在。
Dscf0427
でかくなったな〜と。(笑

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

ガラパゴス

ガラパゴス土産。
Dscf0429
Dscf0430
友人から頂きました。(笑
Tシャツに置物。

いつかは行ってみたい場所の一つっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

ベビーの管理

ミツユビとセマルの卵は残りわずか。
ワラワラと賑やかになっています。
餌も食べ出し、結構汚れるので掃除しやすいよう
水ゴケを撤去。
Dscf2280
ケージの片側の底には、配合飼料の蓋を置いて
勾配をつけています。そして、たまに霧吹きをして湿度管理。
今年も巨匠の作品が良いシェルターに♪
Dscf2281
シェルター内はこんな感じで集まってます。
とんぶりまではこの状態でキープかな。

セマルの方も同じような感じに。
Dscf2282
Dscf2283
数は今年もなんだかんだで例年通りな感じっす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

これは♂♀なんじゃないかな?

毎年、室内無加温で適当な感じの卵管理。(^-^;
今年は自分自身がセマルの♂が欲しかったので、
1クラ目をいつもより低温で管理したわけですが・・・
Dscf2272
Dscf2270
1クラ目のベビー達の排泄口付近はみんなこんな感じ。
2枚目のベビーなんかはもう、貫禄すら感じるしっぽ?
排泄口は点じゃなくて、チョット線のような感じで長め?
生殖器が出てくるので口は広い構造?


でもって、温度は気にしなかった今日誕生した2クラ目の個体。
1クラ目から2クラ目までの空いた日数は26日。
しかし、孵化したのは1クラ目の卵が孵化してから
6日〜10日の差でした。
Dscf2275
排泄口は点な感じ。
♀かな〜と。

この時期のベビーだと、
人様に渡す際には「絶対♂。」「絶対♀。」とは言わないけど
(♂っぽい。♀っぽいとは言う。(笑)
自分的には温度作戦成功した気がします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

『なんでもよく食べる』は良い事

毎朝顔を見ると寄って来る大食漢。
口をクワ〜ッと開けます。
Dscf2116
Dscf2117
ベビーの時にはクセを感じましたが、ある時期からは
手のかからない子に。
この亀でもCBはやっぱ良い!(゚▽゚*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

今日孵化したベビー達

だいたい一日一回産卵ケースをチェックします。
Dscf2163
今日のベビー達。
Dscf2164
卵から半分体が出ていたセマルベビー。
後ろがまだ卵型に。
Dscf2168
しばらくして見ると全体的に甲羅も広がって綺麗な形に。
Dscf2166
脇の白い部分にラインが入ってます。
これも個性かなと。
こういうのは自家繁殖をしていると、たまに見れますね。
面白いっす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

100円玉サイズ

毎日ハッチ!ハッチ!で卵を見るのが楽しいです。(゚▽゚*)
Dscf2144
ハコガメベビーゾーンも賑やかになってきました。
Dscf2156
模様も色々。
Dscf2154
餌も食べ出しています。

そんな中・・・
Dscf2158
100円玉サイズのベビー誕生・・・(゚ー゚;;
Dscf2147
他のベビーと比べるとこんな感じ。
F1個体が1クラッチ目で7個の卵を産み、
そのうちの1個が小さかったのですが・・・孵化しました。
Dscf2151
目の大きさが他のベビーと変わらないだけに、
お目目クリクリ加減が強調され、よりかわいい?(^-^;

特に小さいというだけで、身体に問題は無いようなので
育つとは思うのですが・・・単独飼育で様子を見ようっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

性別のわかりやすい亀

成長すると♂♀の差がはっきりするクサガメ。
♂は黒化します。
Dscf2162
黒くなってきました。
顔の横の黄色い模様も消失して黒に。
Dscf2160
目も黒一色になりつつあります。
Dscf2161
すでに腹甲は全体的に黒くなってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

性別判断の時期

亀の性別をチェックする際に見る1つのポイント。
尻尾の形状と排泄口。
ミスジドロガメの場合、アダルトサイズなら
♂の尻尾は長いので一目瞭然。
ですが、孵化直後だと「このベビー尻尾長いから♂かな?」と
思うこともあるのですが、その時点での判断は不安。
なので、“ぶりくら”で「これ♂ですか?」と
質問されても正直に

「う〜・・・ん ど〜ですかね〜・・・♂っぽいけどぉ(ボソ」

という返事に。\(;゚∇゚)/
Dscf2140
♂になりました。

チョット前まで全部♀かなと思っていたのですが(オイ!)、
もうこれは♂確定。
1年位飼育して甲長5cmサイズまで育てればハッキリするなと。

こちらは同時期に孵化した♀個体の尻尾。
Dscf2141
Dscf2142
こちらの♀は甲羅がこんな感じで抜けています。
上の兄弟に♂個体↓がいるのですが、
Dscf2143
頭の模様もそっくり。
このタイプの♀も1匹マイコレで残しておこうっと。(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

旬の味覚 其の2

屋上のイチジク。
Dscf2126
赤くなってきました。

セマルに見せたところ、寄ってきます。
Dscf2127
投入したところ・・・争奪戦開始!
Dscf2130
Dscf2131
・・・。(^-^;

我家の人間は食べないので、実は全て亀が食べています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »