« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

今シーズンの最後のハッチ(?)

“ぶりくら”には間に合わないのかな〜と思っていたら、
セマル2クラ目が昨日ハッチ!
Dscf0093
親はこちら。手に持ってる方が♂で奥が♀。

Dscf0098
迫力のある♂の尻尾。
Dscf0097
右は今年卵を産んでいた2001年CB(♀)。
左は親(♀)。
大きさは同じくらい。甲羅の色合いもそっくりになってきました。
後継者として頑張ってもらいたいっす。
Dscf0099

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

今日から屋内飼育

10月下旬の気温ですか?
勘弁して下さい。(苦笑
Dscf0090
外の気温と水温を見て、まぁ〜まだ大丈夫かな〜…でも心配。
という感じだったので屋内へ取り込んだプラテミス軍団。
自分のは1ペア・・・他の3匹も元気ですよ〜(謎笑
Dscf0091

うちのペアです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

10月になるので

コンクリート水槽の産卵場を撤去。
Dscf0084
Dscf0085
そろそろ気温の下がる日もあるので、ぼちぼち冬眠準備。
ここ最近は餌を爆食させていたので個体の重さは良い感じ。
あとは、メリハリの効いた寒い冬が来れば良いのですが…
去年みたいなダラダラと中途半端な温度の冬は嫌ですね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

ベビーの世話

ハコガメベビーは自分がよく座っている場所の
横なので、一番マメに世話をしてしまいますね。
Dscf0061
ベビーは、勾配をつけて棚に置いたタッパーの中。
中の水は一番深い場所で甲羅がそこそこ隠れる位の深さにし、
たまに甲羅に霧吹き。
たまに空いてるプラケに移動して、写真のライトを
バスキングに使ったりして完全に皮膚を乾燥させたりも
しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

ぶりくらのリストUPされてます。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/burikura/2008buri/list08-01.htm
という事でこちらでも紹介させて頂きました。

************************
ぶりくら市2008
http://burikura.com/
開催日:10月5日(日)時間:11:00〜16:00
    入場料:500円(中学生以下無料)
会 場:神戸サンボーホール・1階大展示場
   (三ノ宮駅から徒歩10分)
http://www.kobe-sanbo.com/access/index.html
*************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

ぶりくらへ持ってく参考出品

人を見ると餌をねだって元気に寄ってきます。
Dscf0056
来年また孵化するかどうかはわかりませんね・・・。(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

ぶりくらへ持ってくドロガメ

下のタイトルを見直して・・・
自分の持ってく亀って全部水亀では・・・と思いつつ。
Dscf0044
ハナナガドロガメ。去年の個体です。
たぶん・・・♀?
餌は配合飼料他、なんでも良く食べています。

クーリング前後に卵は回収したのですが、
そっちのは孵化しませんでした〜・・・。
この前、発見した卵は白濁したので孵化すると良いな〜と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

ぶりくらへ持ってく水亀

見た目はニホンイシガメ。Dscf0033
裏返すと・・・はい。
うんきゅうですね。
今年の中ではこの個体が一番綺麗かな〜と。
他の兄弟はすでに里子で旅立ちました。
Dscf0027
あと、見た目はクサガメ。↓
Dscf0040
裏返すと・・・はい。
うんきゅうですね・・・しかも色が薄く見えますが、
ストロボ効果ではなくこの感じの色っす。
Dscf0034
あとは下の記事のクサガメも賑やかしに
一応持って行こうかな〜と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

ぶりくらへ持ってくミツユビ

“ぶりくら”まであと半月。
南関東☆亀☆連合 今年のぶりくら担当のかめぞーです。

九州方面の某連合さんほどの宣伝は出来ませんので(苦笑)
こっちで細々と宣伝をば・・・。

しかし、持って行く亀をアップしていこうかと
思いましたが、下の記事を見てみると、
改めてアップする必要もあるのかどーか・・・(苦笑

ミツユビは餌を食べ出し柄もちょこっと変わった
個体もいるのでとりあえずアップ!
Dscf0012
↑1クラッチ目軍団。
餌はレプトミンのみで爆食!(笑
とっても飼い易い状態にあるかな〜と。
Dscf0015
↑2クラッチ目軍団。
1クラッチ目軍団より一回り小さいです。
こちらもレプトミンのみで飼育中〜。
Dscf0016
↑1クラッチ目の柄あり個体。
今年孵化したミツユビの中では一番綺麗かも?
ただし、レプトミンの喰いがいまいちなので
コオロギで餌付けました。
コオロギは爆食!(苦笑
でも、会長の意向でマイコレになる可能性も大。(笑

他にも写真に写ってない個体もいます。
去年のベビーは全てぶりくらで売れてしまったので、
南関東☆亀☆連合的には今年は少し残して
大きく育ててみよう!と計画しています。

う〜・・・ん。
なんか、売れなかった時の早めの言い訳のような・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

クサガメ

一番最初に飼育した亀。
クサガメ。

去年の猛暑でかなりのクサガメが☆になりました。
ほとんどのクサガメの親個体が調子を崩しました。
去年まで毎年産卵していた♀親達の中に、
我家の亀の中でも一番の古株がいます。

見た目は普通のクサガメ。

しかし、自分が子供の頃から20年以上飼育してる
クサガメなので、思い入れはめっちゃ強いっす。
その個体はなんとか回復。
今年の産卵はありませんでしたが、餌食いもよくなり、
いままで通りの姿になったので本当に一安心。
C12
毎年100匹以上のクサガメベビーが誕生してましたが、
今年は1/10程・・・今年のクサガメの目標は
“健康第一”だったので、繁殖に関しては
来年以降また殖えていってくれれば良いなと思います。
Dscf0024
「100匹も200匹もクサガメを殖やしてどうすんの?」
と言われる事もありますが、そんな中で写真の様な
チョット他のベビーと違う個体がいたりするのも
楽しかったりですし、産んだ卵はみんな孵化させたいですね。
(一応、動物取扱の資格もあるから販売も可能ですし…。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

ハンドリング

ヤモリの飼育はクレスくらいしかないのですが・・・。
でも、一番好きなヤモリだなと。
Dscf0002
ハンドリングはケージ掃除のときの楽しみ。(笑
写真は手じゃなくて撮影用に流木にのせた去年のCB個体♂。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

よくあること

産卵場を掘り返した際に発見した卵9個。
なんとなくクサガメかな〜と思っていたら・・・。
Dscf0004
違いました。(苦笑
やけに小さい個体が二匹いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

三兄弟

姉妹かもしれませんが・・・(苦笑
Dscf0076
最古参の♀のベビー。
この兄弟の卵は、あともう1クラッチ分2個残ってます。
今月中に孵化するかな〜・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ミツユビ2クラ目孵化・・・そして

2クラ目が孵化!
親は模様のない一番大きな♀。

1クラ目は例年通り、模様の無いベビーが
誕生しましたが・・・2クラ目は・・・・
Dscf0074
『模様が無い、模様が無い』と言い続けたせいでしょうか?
1匹だけ『これでもか!』と細かく模様入り。(笑

♀の影響も受けるけど、やはり♂の影響も受けるのですね。
今年狙って綺麗な♂だけをのせてみた効果があったようです。
Dscf0075
1クラ目の4匹の兄弟と記念撮影。
すでに大きさが違うので、2クラ目は分けて管理しようかなと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

隅っこで

屋外ドロガメ水槽。
仕切り板を置いて、左がハナナガ・右がミスジドロ
Dscf0065
ハナナガゾーンにて。
Dscf0067
隅っこの方にチョクチョク♀が上陸していたので、
掘ってみたら卵1個発見!
Dscf0068
水中産卵は無事回避出来た様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

キリ番企画終了!

え〜・・・9月に入りました。
来月には“ぶりくら”http://burikura.com/ですね。

ってことで〜!勿論、今年も行きます!出店します!
ブース名は『南関東☆亀☆連合』です。
尚、ブース内は去年と同じ+2名で、
ブース名が変わるという感じっす。(笑

そして、お気付きになられた方もいるかもですが、
数日前よりカウンターを設置しました。

キリ番150000を踏んだ方。

携帯カメラ等や画像コピーでもなんでも良いです。
お知らせ頂ければ
『“ぶりくら”で“かめぞーが持って来たモノ”にだけ使える商品券』
or『ヒミツ商品』をプレゼント予定。
『ヒミツ商品』は自分にもまだヒミツの状態です。(オイ!

いままでキリ番企画はやった事ないので、
うまくいくかど〜か…。
自分で踏むという最大の失態だけは避けたいものです。

連絡先はこちらへ〜
kamezo634@yahoo.co.jp
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【キリ番企画結果は・・・】
キリ番15万!
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
shineよねさんshine おめでとうございます!(パチパチパチ
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
15
結果的に、いろんな方に見て頂いているんだな〜
という事を再認識する事も出来ました。
これからも更新がんばります!
企画への挑戦(?)・心配(苦笑)等して頂いた皆様
ありがとうございました!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

繁殖の面白さ

小学生の頃、初めて孵化したクサガメを見た感動。
それから毎年孵化するようになり、
今ではそのとき程の感動はなくなってきましたが、
それでも毎年の孵化は楽しみ。
Dscf0052
1クラッチ分のクサガメ11匹。
Dscf0049
同じ親の卵から孵化したベビーの甲羅は同じような色が
多いのですが・・・我家で初孵化のこの兄弟達は色がまばら。
とくに1匹、かなり色の薄い子が。
Dscf0056
陽に当てた画像はチョット反則かもですが、
色が違う事はわかるかなと。
今では毎年孵化したクサガメベビーは、
里子としてほとんど旅立ちますが、
その年一番気に入ったベビー1匹は手元に残します。
現在の最有力候補っす。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

ハッチ ハッチ

最古参セマル(♀親)の卵が今年もハッチ!
3個中2個。
残り1個はまだ変化なし。
Dscf0046
Dscf0043
1個はこんな感じで上半身が出て、つっかえた様な状態
だったのですが・・・
Dscf0045
ヨークサックも吸収されていたので出しました。
Dscf0044
先に出ていた甲羅の前側は、すでにフチが広がっていましたが、
後ろ側も少したてば綺麗な形の甲羅になる・・・はず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

絶妙

手足を広げバランス。
Dscf0001
セマルの孵化がいつもより遅いので
「アレ〜?」と思っていたのですがようやくハッチ!
週明けには出て来るかな〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

シンプルな方へ

夏場は移動しやすいプラケの中のクレス。
その日の温度でプラケを置く部屋が変わります。(苦笑
Dscf0023
メンテは楽ですが、レイアウトが寂しいので
秋以降はまたグラステラリウムの中へ・・・たぶん。

下の段の曲面のワイド水槽は、某宅の亀庭改造の際頂きました。
アッサム用に使ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

ベビーベッド

孵化後、ヨークサックのまだ付いてる
ベビーは水ゴケを濡らした場所で管理っす。
Dscf0003

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

ミツユビ1クラ目軍団

餌も食べ出し成長線も出て来たベビーも。
Dscf0041

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

屋外ベビーゾーン

クサ・イシベビーは屋外へ。Dscf0025
日除け・隠れ家としてホテイアオイ。
根の中に潜ると落ち着く様子。
この時期のホテイアオイは、あっという間に成長するので、
そこを登って脱走されないように注意してます。
また、まだまだ暑い日もありそうなので、
水がお湯にならないようにも注意してます。
Dscf0026
ニホンイシガメ!
…とは今年もはっきり言えない感じのイシベビー(苦笑
Dscf0028
♀親はこんな感じ。
めっちゃオレンジの濃い個体。
以前は、元の持ち主さん宅で極美ウンキュウ(イシ型)♂の
血が入っていたようで、オレンジの濃いベビーも産まれて
いましたが、去年から我家の♂(普通のイシガメ)の血が
入って来たのか・・・それでも相変わらず甲羅のフチや
腹甲にオレンジ色が出ているので、この♀親自体にも
ナニか血が混じっているんでしょうかね〜?
Dscf0027
親が変わっても、例年通りに色が微妙に違うクサガメベビーが
産まれたのがうれしいっす。(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »