« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月25日 (金)

WIVARIUM GUIDE No.1

九レプ限定の雑誌が本日我家に到着。(笑
ありがとうございます!

あとで読も〜っと。
070525_101149_m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月24日 (木)

産卵場

コンクリート水槽に産卵場を設置。
今年は前よりひとまわり大きいトロ船に
しました。
1_442_43

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

孵化してた

4月1日に、クレステッドゲッコーが卵を1個産卵。
その後、4月下旬に2個産卵していました。
2個の方は見るからに無精卵でしたが、最初の1個は
有精卵のような感じだったので、25℃前後で管理。

今日見たら孵化してました。

両親そっくりの模様と色。
なんとなく♀親のベビ−時代の色に似ているような…
似てくれると良いな。(笑

毎回毎回交尾させるのは負担かな〜と今の所はさせていません。
また産卵しても今度も無精卵かな。
亀だと1回交尾すると何年か有精卵だったりするのですが…
ヤモリはそうはいかないようですね。
1_43
2_42

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

今年は早いな

セマル♀がウロウロ…産みたそう?
産卵場へ移動したら早速穴掘り。

しかし、例年通り最初の穴掘りでは
産みませんでした。

去年は6月に入ってからだったのですが、
今年は冬眠明けが早かった分、早い様子。
来週くらいには産むかもですね。070518_171053_m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

去年のベビー達

去年孵化したベビー達のかわいい甲羅干し風景。

冬眠明け後、次々と里子となって旅立ちました。
残っているのは数匹だけ。
6月のBIG VOLCANOへ連れていく予定です。
070503_102716_ed_m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

アカミミの引っ越し

今号のクリーパーは前号に引き続き
「アカミミ屬」の特集記事。
綺麗な色変のアカミミの記事も満載でしたね。

写真はうちのアカミミ2匹…勿論ノーマルです。(笑

去年は産卵シーズン前に、現在アウロのいるFRPケージ
の方へ移動しましたが、今年はステンレスタンク水槽へ。
こちらにいた親クサガメ(F1)達は、コンクリート水槽へ
移動させました。

うちでこの時期に移動させる理由としては、
今号のクリーパーにも書いてあったような、他の同サイズの
クサガメやイシガメと比べてアカミミは水を汚すという事や、
餌を食べる勢いが違うという事もなんですが、
なにより産卵場で穴を掘るときが豪快!
豪快過ぎて結構な量の土が水へ落ちていきますし、
他の卵も豪快に掘り返すので…まぁ、掘り返しは産卵場が
狭ければアカミミに限った事ではなく同種同士でも起きる事
なんですけどね。(因みにアカミミは♀だけなので無精卵)
あと、ステンレス水槽はコックを回すだけで水抜き出来て
掃除も楽ですし。

今年はコンクリート水槽の産卵場をいつもより広くする予定
なので、掘り返し率は減るはず…。
…いや、出来れば0%にしたいっす。(苦笑
1_422_41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

クリーパー 37号

届きました!
これから読みます!

あと、ハナナガドロガメ2匹目も
無事に孵化しました。
先に孵化した個体は、すでにレプトミンを
爆食しています。(笑1_41
2_40

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

もったいない

風呂桶で成長したオオバコ。
陸亀の餌用に摘んできたのですが、ここまで
成長すると…亀に与えるのが勿体無いかな〜…。(笑

このオオバコが周囲にまき散らした種から
小さい芽がたくさん出てきました。
密集していたので、それらの芽を別の場所に
植えかえ陸亀の餌用に育てようかと。

明日は九州レプタイルフェスタですね。
先程も携帯に現地からの声が…今頃は前夜祭。
…行きたかった。070509_163306_ed_m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

ちっちゃいけど

顔は親そっくりの模様と色。

ハナナガドロガメ ベビー。
ヨークサックも完全に吸収して水中デビュー。
甲ズレもなく、元気で良い感じっす。
Hana1Hana2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 9日 (水)

夏日…

暑かったっすね。(汗

屋外の亀は全て甲羅干し。
ハコガメは昼過ぎには日影へ避難してました。

寒いよりは暑い方が良いですが…気温の変動が
激しいですね。Itiretu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

ハナナガドロガメ孵化!!

さかのぼること…1月25日。
水底に転がる2個の卵を発見。

室内飼育(水温25℃前後)の
ハナナガドロガメが水中産卵!

取り出したところ卵の表面はヌメヌメ。
まだ産んだばかりっぽいので、白濁すると良いな〜と、
陸亀ケージの棚で管理。(だいたい28℃前後)
3日後位に見たら白濁確認!

で、この卵は孵化したら発表しようと産卵については
ブログには書いていませんでした。
(はじめは自信なかったので…苦笑)

そして、今日1個目がハッチ!

ドロガメはミスジドロガメに続き2種類目なんですが、
ミスジ同様卵は上の方が蓋みたいにパカッと割れて出てきました。
他のドロガメもそうなんでしょうか?

もう1個もヒビが入っているので、そろそろかなと。
ハッチまで三ヶ月以上かかりましたね。
ニホンイシガメならこの半分くらいで孵化なんですが。

3月23日にも違う♀が卵を1個水中産卵しています。
(こちらはネタがなかっ…ンいや…3月の日記に書いてますね。)
そっちも順調そうなので楽しみです。
8a
8b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

交尾開始

今年もこの時期にプラテミスが交尾。
♂が♀を追い回して、のっかる行動を8月まで
よく目にするようになります。

産卵時期は11月(のはず!)。
今年は有精卵でありますように。。
P1P2

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年5月 2日 (水)

冬眠明けのミツユビ

陽が射すとゾロゾロと甲羅干しに出て来るミツユビハコガメ。
無事にぜんぶのミツユビが冬眠明けしました。
去年の春に預かった際、かなり厳しい状態の個体も
いたのですが、秋には復調したのでいっしょに冬眠。
そして、冬眠明け後は餌を爆食。
この個体は、他の個体と比べて食は細かったのですが、
お腹を空かせた冬眠明け後の餌の“がっつき”を期待して、
冬眠させました。
現在は他の個体と同じ位の食欲を見せています。
繁殖のためだけでなく、冬眠させる事で良い状態になった
ケースだな〜と。とはいえ、食が細いからといって冬眠に
耐えられそうにない個体を冬眠させるのは大変危険なので、
日頃の観察は重要っす。

あと、冬眠明け後に配合飼料を目の前に置いても食べない
個体には、コオロギやミミズ等の生き餌を与えるのですが、
ガツガツ食べ出した直後にどさくさで配合飼料を口に入れて
食べさせると、以後普通に食べる…なんて事もありますね。

写真は生き餌のカイコ。
去年も頂いて冬眠明けのミツユビに好評だったので、今年も
頂きました。すべてのミツユビが完食。

交尾も見られるようになりました。
因みに写真の交尾中の♂が、去年の今頃厳しい状態だった
個体っす。(笑1_402_39
3_22

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »