« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月29日 (火)

陽にあてない陽にあてる

もうすぐ師走。
いろいろと忙しく…先週末は忘年会第1弾が。
今週末は第2弾。
スノーボードの準備もしないとな〜。

南側の水槽はボードで覆っています。
この中には自家繁殖のクサガメとイシガメ
がいます。

陽が差していてもボードで覆わないよりは
温度の上昇を防ぎます。

となりの90cm水槽は屋内越冬組の
甲羅干し場所に使っています。
DSCF0010

陽があたればこんな感じで
甲羅干し。
取り込み忘れは厳禁っす。

DSCF0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

たまにはハンドリング

2
クレステッド
ゲッコー(♀)

昼の部屋では
こんな色。
1
夜の部屋では
こんな色。
この色が一番好き。
3
現在のケージはiMac。
中のレイアウトはこんな感じっす。
左に陶器製の餌入れ。
右に石製の水入れ。
真ん中に縦にした流木と葉っぱ
(ニセモノ)。

冬は乾燥するので、霧吹きはマメに
やっていますが、昼間は外での
仕事が多く、水入れの水は、
飲むというより湿度維持用で
置いてみました。
ないよりはマシな感じ。


4
“ファイア”と呼ばれる
タイプで、お腹の辺り
から背中へと炎のような
感じで模様があること
から名付けられたそうです。

5
切れると2度とはえて来ない尻尾。

先端にも手足同様の毛が
(毛でいいんすよね?)
ついていてピタッとはりつきます。
手足の他、この尻尾を巧みに巻き
つけて行動します。
この尻尾の模様と色も好きっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

冬はチャンス

コンクリート水槽のニホンイシガメ。
前にいるのが♀、その後ろをストーカーチックに
ゆっくりと追う♂。

冬は動きが緩慢になる亀ですが、水棲亀の
♂にとっては交尾のチャンス。

このペアは十数年飼育しています。
♂にはぜひ、今年から導入した♀達の方へも
アタックして欲しいものです。(笑
DSCF0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

完全に冬眠っす

DSCF0076

何この写真?と、
いう感じですが、
セマルの冬眠場っす。

新聞を覆って、後は時々
水を巻いて乾燥しない
よう気をつけます。

春まで おやすみ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

逃がすべからず

051117_180404_M
ミステリークレイフィッシュ。
と、いう名前だそうです。
最近知ったザリガニですが、
そんなに大きくはならないようです。

しかし!!
1匹だけでも増えるんだそうです。
現在無加温飼育っす。…外に放すのは
絶対ダメなザリですね。

殖やしたら、亀の餌として使える
かな〜と、“ぽた”さんから
頂きました。
現在はまだ2cm前後のサイズです。

最近我家に来てから初脱皮。
殻はプラテミスが喜んで食べてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

うう…寒いイイイイ…

寒いのは嫌いです。
昨日、今日と12月の寒さだとか…仕事中は
ジャンバー着てます。
屋上の亀達もほぼ水の中ですね。このまま冬眠かな〜。

写真は今年孵化したクサガメ達。
里子待ちで50匹ほどいます。

ケージは勾配をつけて置いているので、水深は
2cm〜4cmほどです。
今は屋上に置いたままですが、さらに寒くなって
氷がはる状況になると恐いので、もう少ししたら
セマルが冬眠している場所に移動予定。

ホテイアオイは良いシェルターですが、寒いと腐るので、
かわりにミズゴケを入れたりもします。

まだまだ昼間は暖かいのに、早めに冬眠させようと
半屋内(または屋内)に移すと、屋外よりは暖かいため、
中途半端にウロウロ動いて体力を無駄に消耗したり、
紫外線不足から皮膚病になる事もあるので、
確実に屋外で冬眠に入ってから移動します。
DSCF0006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

メロンパン

1
メロンパンです。


違ったホルスです。
2


陸亀としては我家最古参の個体。
飼育して8年…病気知らずで体調を崩した事も記憶にない
優良個体っす。
今はなき中野のショップの積み重なった木箱にワラワラと詰めて
あったベビー達の中から選びました。

水棲亀の雌雄判別はチョット自信ありですが、陸亀はよくわから
なかったので、あきらかな♂の尻尾を生で見て、
「あー〜、うちのは♀なんだ〜」と、割と最近気付きました。(笑
4、5年前に冬眠させた後、春先にセマルにのったりする
行動(マウンティングのような)が見られたので、てっきり
♂だと思っていました。
なんでセマルにのってたの?と、いうとセマルといっしょに
飼育してたからです。 (^_^;)\(・_・) オイオイ
できるものだと思ってました。
…2年程いっしょでした。
…もういっしょに飼うことはないでしょう。(苦笑
(棲息環境違いますもんね。)

でも、某誌で乾燥状態だと甲羅が高くなり、湿度もある状態だと
甲羅は低くなり、野生個体は後者の方だという気中湿度の話から
すると、この個体の甲羅は扁平な方なので、セマルといっしょ
だったのも悪くなかったのかも…いや、台風でも外だった事を
考えるとよくなかったな〜と。(汗

ちなみに温浴はさせてません。
3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

まだ甲羅干し

DSCF0004
屋上のコンクリート
水槽の亀達。
朝は水温15℃以下
だったりしますが
餌もまだ食べて
います。


最高気温で15℃くらいになってこないとコッチの亀達は本格的な
冬眠には入らないですね。

ちなみに去年のデータによると、10月末頃で朝の気温・水温
10℃の日があり、その頃からほぼ冬眠に入っていたようです。

あと、さっき『動物奇想天外!』で屋上にビオトープを作って
亀飼育をされている方が出ていました。
クリーパーの記事を読んで知っていましたが、映像で見ると
ホントすばらしい。いつか作ってみたいですね〜。(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

冬眠間近

ステンレスタンク水槽のクサガメ達。
…水底に1匹しか見えませんが、
ほとんどの個体は右奥の暗い場所(陸地の真下)
でゆ〜ったりと動いています。

【ステンレスタンク水槽断面図】

┃     陸地┃
┃水面↓ ━━━┫
┃───────┃
┃    亀密集┃水深40cmくらい
┗━━━━━━━┛

暗くなる場所、隠れられる場所は、落ち着いて
冬眠するために用意してあげたいですね。
昔は落ち葉を入れたりもしましたが、
冬眠明け後の掃除が大変なので
今はやっていません。

この場所は冬になると陽があまり射し込みません。
ですから冬眠組のなかでも一番早く冬眠に入ります。DSCF0006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

冬眠キャンセル

毎年ホルスフィールドリクガメは冬眠させています。
でも、今年は冬眠させない事にしました。

理由は、最近仕事が忙しくて陸亀の管理を
ほとんどできなかったからです。
世話はほとんど母がやってくれていました。
世話の内容は、
1.部屋の机ケージと温室間の出入口扉を開ける。
2.餌をあげる
3.夕方に出入口扉を閉める。
です。

例年は、夏以降になるとホルス達は完全に屋外で生活させ、
そのまま寒くなったら冬眠させています。
冬眠に備えてすることは、
机ケージにはケヅメ用にバスキングスポットがあるので、
屋外のケージ(セマルを冬眠用水槽に移動して空いた
セマルケージを利用)に移動してホルスだけ生活させたり、
そこで冬眠できるか調子を見たり等がありますが、そこまで
母に任せるわけにもいかないので上記の3点だけやって
もらっていました。
数も1匹や2匹じゃないですしね。

じつは最近、寝ているリクガメしか見てません…。(苦笑
今もバスキングライトの下で寝ている状態なので
今シーズンはこのままいこーと思います。

写真は休みの日に撮った地中海陸亀軍団。
…事情によりホルスが増えています。(^_^;DSCF0066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

HBMレポート

行ってきましたHBM!!
1
12時過ぎに会場入り。
あいにくの曇り空で
肌寒い感じでしたが、
会場内は熱気ムンムン…
即上着は脱ぎました。(笑

なんか去年よりお客さんが
多いような…
でも、ブースの上のパックは
少なめ?…と、思ったら
開始1時間でかなり売れた
様子。

2
毎年HBMといえば蛇や
トカゲ、ヤモリの出店が
多い印象。

まずは蛇、ボールパイソン。
真ん中は部分白変の品種
パイボール。
いつ見てもなんでこんな
模様になるんだろうと
不思議っす。
3
展示の仕方も各ブース工夫されていて綺麗です。

4
次にトカゲとヤモリ。
お馴染みの寝太郎さんのフトアゴは人気者。(^-^)
来年はウーパーも並ぶのかな〜。(笑
綺麗なレオパもいました。


5
コマンダーさんのクビワ
トカゲとチャクワラ。
(展示用)
チャクワラ良いっす。
このハーネス付のトカゲを
見たら欲しくなってしまう
人の気持ちわかります。

トカゲはモニターも
いましたね。
6

7
Cさんのヤドク
ガエルブース。
ヤドク飼いたい!
…でも、亀飼育の
関係でうちでの
温度管理が…
蒸れもまずい
らしく飼育には
まだ心の準備が
整っていません。
(苦笑
でも下の写真の
アイゾメは
ホント好き。

両生類はイモリなどもいました。

8
今回、生体を買うとしたら
これでした。
クレステッドゲッコー♂。
でも、うちの♀を買った
お店でも見たいので
購入はやめました。
意外とクレスの出店が
2ブースと少なかった
かな〜と。
9
で、結局買ったヤモリはこれ!
ヘルメットゲッコー…の
デフォルメフィギア。(笑
じつは去年、買うつもり
でいたら売り切れていて
ショック。
今回は見つけて即購入。

あれ?亀の写真は?
じつはパックに入っていたためうまく写らなかったんです。(汗
あと、色々な方々との話に夢中でそんなに写真撮ってなかった
ようです。(汗
でも、去年までと比べて亀のブースは増えていました。
陸亀はギリシャ、ヒョウモンなどがいましたが、
水亀が多かったですね。
ニホンイシガメ(ぶりくらは西日本産特有のオレンジが強い個体を
見かけますが、HBMでは関東の色の薄いタイプが多くて土地柄な
感じで特色があったかな〜と。)とミツユビハコガメのいる
ブースが多く、中にはコーリーさん以外でマッコードハコガメを
出品していた方やニシキハコガメ、トウブハコガメ、
ガルフコーストハコガメもいました。
トウブの値段は、欲しかった方には大喜びだったのでは?

いままでなぜか亀の出店は少なかったのですが、
関東にはショップも多く、やはり持っている人は、
殖やしている人はいるんだよなーと改めて思いました。

でもって打ち上げはこんな感じ。
似て無いとか、遠近感がおかしいとか言わないよーに。
ラクガキレベルですから…(汗
1次会13名+赤ん坊1名、2次会で+2人参加でした。
幹事は僕でしたが、お店は予約なしでこの人数が入った
のでよかったです。
めちゃくちゃ楽しかったな〜。
同じ趣味の仲間とワイワイできるのもイベントの
良いところだな〜と思います。(^-^)
DSCF0006

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005年11月 5日 (土)

明日はHBM

明日は池袋アカデミーホールにて
Herptile Breeder's Market、略してHBMですね。
繁殖個体メインのイベントで、仲間も多く参加して
いるのでみんなに会うのも楽しみです。(笑

ぶりくら、ガーレプは出店しましたが、
このイベントにはまだ出店したことがありません。
今年も“お客”として行きます。
並ぶの嫌いなので昼過ぎにでも行こうと思っています。(苦笑
↑買う気なし。

写真は我家の今年の繁殖個体達。
セマルハコガメと冬だけ預かるために舞い戻ってきた
ミツユビハコガメ。
この時期には手元に繁殖個体が残っていないというのも
HBMに出店しない理由だったりします。
(今年はチョコチョコいますが…)

DSCF0003

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

オレンジー!

上は我家で毎年孵化するニホンイシガメのベビー。
そして、下が今年導入して持ち腹で孵化した
ニホンイシガメ極美オレンジの♀と極美うんきゅうの♂
からとれたベビー。
ぶりくらで販売したうんきゅうのうち、
この個体ともう1匹がいい感じにオレンジだったのですが、
なぜか(?)この1匹は売れ残りました。

予想通りにさらにオレンジ発色度割増し!
マイコレだ〜。(笑

DSCF0069

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

屋上散歩もそろそろお終い

屋上を散歩するケヅメリクガメの“かめきち”。
今日の朝は気温15℃以下だったけど、昼間は20℃。
陽が出ていればまだ暖かい…かな?
でも、そろそろ机ケージと温室内のみの生活になりそうです。

DSCF0005

ここは写真の拡大縮小ができるんですね。
毎回実験してみようっと♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

同居中

アッサムセタカガメとプラテミス。
現在窓際の衣装ケース内にて同居中です。
プラテミスは他の水棲亀と比べると、餌の食べ方に時間がかかり、
噛む力もそう強くはないので、レプトミンを与えた場合、
ふやけていないとなかなか食べれません。
出しては飲み込みを繰り返し、たまに業を煮やして
最後はそのまま飲み込んだりします。

アッサムセタカもそんなところがあります。
(うちの場合だけかもですが…汗)
ピンセットから生きたエビを与えた時、噛まずに
尻尾から丸飲みした時はチョットこれい〜のか〜…(汗汗)
と、思いました。

そんな感じで、いまのところケンカもないし噛む力の
ことも考えて大丈夫…と感じたので同居にしています。

水中ヒーター1個で済みますしね。
設定は25℃にしてあります。


DSCF0037

あと寝太郎さ〜ん!
寝太郎さんのブログに
コメント書いて、
投稿ボタン1回押しでも
なぜか2つ投稿されちゃ
います。
僕のMacだからかな〜?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »