ドロガメ

2017年9月14日 (木)

組み合わせ

スペースの都合で、室内の窓際で通年管理しているドロガメ達。
Img_1515
水替えしたら交尾がはじまりました。
Img_0038
Img_0040
このハナナガペアから毎年ベビーがとれています。

別の場所のCB♂の水槽に違う♀を投入。
Img_0036
Img_0042
上手くいった感じ。
あんまり一緒にさせて♂が乗りすぎると、
♀が嫌がり、ず〜っと陸地にいるようになるので、
様子を見て引き離したりしています。

こちらはミスジドロガメ。
Img_0051
ミスジドロはワラワラ孵化した年の後、なんとなく休憩をとって
1年程♂♀別々にしてました。(噛み合うペアもいたし・・^^;)
久々に♂を投入したところ即。

去年孵化したベビー。
Img_1827
こんな感じっす。

でもって、今さっき見たら産卵場にハナナガドロガメの卵が。
Img_0061
気付くの遅かったら乾涸びてそう・・・。
白濁するかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

ハナナガドロガメ全員集合

我家にいる全個体を集めてみました。
Img_1620
もとはミツユビ同様、会長の♂1♀2個体を預かり繁殖を開始しました。
ここ最近のCBは全て、写真の♂親と♀親からの個体っす。

90cm水槽内最強の♂親。
Img_1631
Img_1632
鼻先も立派。
強過ぎて、他の♂は同居出来ません・・・^^;

その息子。
Img_1629
一番美形?気に入ってます。
未来の親候補。

一番でかい娘。
Img_1626
基本、10cmのドロガメなんですが、
この♀は甲長12cm。
卵は産んでいますが、♂と同居させると逃げまくって
ずっと陸地にいます。なので、普段は単独飼育状態。

2016年CB達。
8cm〜9cm弱。
現在はキボシイシガメと同居中。
3匹とも♀っぽいかな。
Img_1636
Img_1638
9cm弱といっても、親個体と比べるとまだまだお子様という感じ。

こちらは最近孵化したベビー達。
Img_1593
毎回思いますが、餌付けは楽っす。
水中デビューですぐに配合飼料を食べてくれます。
この孵化日数の差で、サイズに違いも。
成長の早い亀だという印象っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

2月に産卵の卵

ハナナガドロガメが孵化。
10月産卵の残りの1個は、まだヒビも入っていませんが、
その後に産卵した2月の卵の方が先に孵化しました。(^-^;
Img_1473
Img_1472
ヨークサックは完全吸収。

先に孵化した個体と比べてみると、
Img_1476
甲羅は卵の中にいた状態で細っそり。
しばらくすると右の個体のようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

水中デビュー

ハナナガドロガメのベビー、出て来ました。
最初はタッパーを傾け、甲羅が隠れる程度の水深で管理。
Img_1389
Img_1386
尻尾は意外と長め。

もう1個、同じクラッチの卵がありますが、
そちらは孵化するまでイジラナイでおこうかな〜と。
無事に孵化すれば、我家のハナナガ孵化日数の最長記録となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

9ヶ月

昨年の10月24日にハナガナドロガメが産卵した卵を
ず〜っと管理していました。
我家の場合、孵化まで最短で4ヶ月弱で、遅くても6ヶ月、
腐った様子も無いのですが、気になっちゃったので(;゚∇゚)、
ちょっと卵の先端に穴を開けてみたところ・・・
羊膜に包まれたお顔が・・・\(;゚∇゚)/
サイズ的には孵化間近という感じ。

とりあえず、こんなとき用にとってある殻を穴に被せ、
Img_1380
Img_1381
水ゴケつゆだく状態のカップにイン!
(殻は乾燥させないよう、つねに湿った水ゴケでキープ。)
Img_1382

で、二日ほど放置して今日見たらこんな感じ。
Img_1378
あとは、ヨークサック吸収後、勝手に出てくるのを待つのみ。

しかし、9ヶ月は長いなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

ふと横を見ると卵らしきモノが・・・・

卵らしきモノというか
Img_0554
まぁ、卵でした。
Img_0556
相変わらず地表面に出た状態で産んであるハナナガドロガメの卵。
2個とも白濁確認しました。

こちらはミスジドロガメベビー。
餌だけ放り込むような管理方法ですが、
Img_0561
Img_0562
久々に持ってみたらこんなサイズ。
こんな色になってました。
Img_0564
一番小さいベビーも頭が虫食い模様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

平穏

ミスジドロガメ♀のみとハナナガドロガメペアと
金魚が同居する90cm水槽。
Img_0096
この金魚はドロガメ同様、カメプロスをひと飲みします。
最近はヒレを齧られる様子もなし。
現在室内無加温なんで、
ドロガメ達がそれほど活発ではないという事もあるかもですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

室内無加温

部屋の窓際に置いた90cm水槽内のミスジドロガメ。
Img_1010
Img_1009
産卵場でゴソゴソと。
ちょっと深さが足らず、産みづらそうだったので、
Img_1012
充分な深さがあるプラケへ移動。
3個産みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

仕上がってきた

自家繁殖のハナナガドロガメ♂。
Img_0844
Img_0845
甲長11cm。
Img_0846
父親と比べると、名前の由来の鼻の長さがまだ若い感じですが、
♂らしい見栄えになってきたなぁと。
発色も気に入ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

成長は早い方

6月に屋外で飼育を開始したハナナガドロガメベビーズ。
http://kamezo-diary.cocolog-nifty.com/kame/2016/06/post-e22c.html
現在はこんな感じ。
Img_0819
Img_0821
親でも10cmサイズの種類ですが、
ベビーの成長は早いです。
もう一月程したら室内へ戻そうかなと。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧