2017年4月21日 (金)

ガシッ

ミツユビハコガメのペア。
Img_0361
冬眠明けからまだ本調子ではなさそうですが、
バラまいた配合飼料を勝手についばむようになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

この時期の甲羅干し

屋外のハコガメ達。
暑い夏場は日差しを避け、日影を好みますが、
この時期は率先して日にあたります。
Img_0346
Img_0348
陸地の高い場所で甲羅干しする姿も見られます。

陸地でボケ〜っとしている個体もいれば、
Img_0350
Img_0351
Img_0352
水中でまったりしている個体もいます。

明日だけ気温が下がるようなので、一部のハコガメは
夕方には冬眠ゾーンの半屋外の場所へ移しておこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

台湾セマルも冬眠明け

ここ2〜3日で、次々とハコガメ達が地上へ出て来ています。
中国セマルに続いて、台湾セマルもお目覚め。
Photo
まだ、ボォ〜っとした顔をしていますが、
状態は良いようなんで無事に冬眠明けっす。
Photo_2
↑右が♀で左が♂。

最近地上をウロウロしている最古参の中国セマルと並べてみました。
Photo_3
Photo_4
Photo_5
Photo_6
うちに遊びに来た方や、イベントで展示した際に見てもらったりすると、
「全然違いますね。」って言われます。
ボリュームや甲羅の形に色。
あと、大きさは写真では伝わりづらく、
実物を見た人からは「でかっ」と言われます。(;゚∇゚)
Photo_7
↑左から台湾♂と♀に中国♀と♂。
最古参の中国セマルは飼育して30年になります。
台湾産も我家に来て十数年経ちました。

で、比べてみたら、2〜3年前までは、我家のセマルの中で
一番でかい個体は中国セマル♂の甲長17cmだったのですが・・・
Photo_8
↑左の台湾セマル♂が19cmになっていました。
でかい。計ってみてチョット驚きました。(笑)
右は17cmの中国♂。

ちなみに、現在我家の中国セマルの中で一番大きいのは
甲長18cmの若い♀で、最古参の♀は17cmです。
産みはじめが甲長16cmくらいだったのですが、
それから20年程で1cm程度しか成長していません。
この辺の要因は産卵にあるかもなんですかねぇ。
丸っこい体型なんでボリューム感は増していますが。
Photo_9
↑冬眠明けで、顔の発色がいまいちな最古参♀。
安徽省型では無く、昔はデパートの屋上でマレーハコガメと
ワラワラ一緒に売られていた、ごく普通のタイプ。
他の個体と比べると、色はちょいと抜けてる方なのかな〜と。
            ・・・老化もあるかな。(゚ー゚;)
安徽省型は某お宅で親個体を拝見させて頂いた事もあり、
甲羅の“赤”の出方と色合いを見て別モノだと思いました。

最後に横から
台湾♂
Photo_10
台湾♀
Photo_11
中国♂
Photo_12
中国♀
Photo_13
定期的に画像を載せておくと、
自分の観察記録として、とっても便利だったりします。(*゚▽゚)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

ヒョウモンナキヤモリの観察〜卵の管理編〜

前回から約1ヶ月。
2クラッチ目も目撃出来ました。
産んだ時間も前回同様夕方の4時頃。
Img_0275
前回よりはわかりやすい写真が撮れました。
(それでもこの程度・・・(;゚∇゚) )

卵は触れなくても良いのであれば、正直触りたく無いです。(苦笑)
ハードシェルで固いけれど脆いという・・・亀の卵とは全然違います。
丁寧に掘り出します。
だいたい同じ場所に産むのでブッキングしないよう掘り出す事に。
実際、今回は前回と同じ場所でした。
(なので、気付かないと同じ場所からゴロゴロ出て来る事あり。)
Img_0194
1円玉との比較。
結構でかいまん丸卵。

卵の管理方法は、産んであった状況とソックリになるよう、
同じ床材・湿度も産んであった場所と同じ感じにし、
同じ深さに埋め、あとは出て来る事を祈るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

ノーマークでは無かったのですが・・・

前日には変化無し。
翌日見たら、まっ二つの卵が水底に・・・
Img_0273
この時期にとれれば管理は楽だったのですが・・・
割れずに残っていればいけたかも・・・
ちょっと前にグリグリした時には気付かなかったんだけどなぁ・・・

・・・残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

冬眠明け後の最初の食事

冬眠明けしたニシキハコガメは室内にとりこみました。
本格的に暖かくなるまで室内飼育。

そろそろ餌を与えてみようかと思い、
今年はレオパゲルを使ってみました。
Img_0240
置いてみたところ・・・
Img_0241
ジィ〜・・・
Img_0242
クンクン
Img_0243
パクリ!

その流れでカメプロスもパクパクと。
Img_0245
最初からいつもの配合飼料を食べたかもですが、
呼び水的な感じで使ってみました。
これで反応しない場合は、生き餌を使ったりします。

起きっぱなしで外をウロウロしていたミツユビも食べてました。
Img_0250
グラブパイもですが、昆虫食の亀には使えるなぁ〜と。

餌場に残った残骸はケージの掃除がてら、
Img_0263
Img_0264
室内でぬくぬく育ったベビー達を放して食べてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

まず最初に水を飲む

連休中のぽかぽか陽気で、冬眠していたセマル達がお目覚め。
Img_0266
冬眠明けする頃には、水入れを用意します。
飲みます。
すぐに餌は与えません。
しばらくは気温が下がる日もあるので様子をみます。
(実際、今日は10℃・・・^^;)

まだまだ小さい印象の2012年CB♂。
今年も無事に冬眠明け。
Img_0267
尻尾は立派になりました。
Img_0258
しばらくは冬眠ゾーンで管理です。

最古参の♀親も無事に出て来ました。
Img_0268
夕方になっても、もぐらず地上に出ている個体は、
自分が手で掘って土中に埋め戻したりしています。
完全な屋外飼育になるのは来月かな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

箱亀ベビーズ

ぽかぽか陽気。
室内から屋外の温室へ。
ハコガメベビー達を甲羅干し。
Img_0203
Img_0211
水替えはそこそこマメに。
餌は適当に放り込んでおく感じの管理ですが、
順調に育っています。

昨年の中国セマルの孵化個体は3匹。
Img_0221
Img_0223
1クラ目と2クラ目の違いにしては、1匹だけ相変わらずでかい。
ずいぶんと大きさに差がつきました・・・(^-^;
8cmが1匹(♂確定)に6cmが2匹。
ちなみに、下の容器のマス目は1辺2.7cmほど。

こちらは台湾セマル。
昨年は2匹の♀親からA個体から2匹、B個体から3匹孵化。
Img_0217
この個体は暑さの影響もあってか?
甲ズレになった個体なんですが、甲板多いな・・・
Img_0216
なんか全部♂っぽい・・・いや、1〜2匹はまだ微妙かな?

手元にいるミツユビベビーは2系統のみで9匹。
サイズは5〜6cm。
昨年のうちに仲間へ数匹送り込んだりもしました。
(べ・・べつに管理が面倒だったからじゃないんだからね!)
Img_0219
Img_0218
昨年は産まなかった個体もいましたが、
暑さで卵達が結構やられたなぁと。(´;ω;`)ウウ・・・
今年はちゃんと対策をしたいと思います。

そして、久々に管理しているニシキベビー。
Img_0210
ちょっと甲羅の表面が・・・こすらなきゃ。(゚ー゚;)
現在7cm。
つかむと噛み付こうとしてくるのが、
ミツユビとの大きな違いかなぁ・・・(;゚∇゚)

昨年は“ぶりくら・とんぶり”に出店しなかったので、
この時期、こんなにワラワラ残っているのは久々。
でも、手間はいつもの冬とあんまり変わんなかったかなぁ。

今年はイベント出たいっす!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

例年通りなのかな

ブログのバックナンバーでここ数年の3月分を見直すと、
今年もだいたい同じくらいの時期でハコガメ達の一部がお目覚め。
Img_0202
お目目パッチリの個体も。

冬眠環境はいつもと同じ。
半屋外(雨風をしのぎ、気温は外気温とほぼ同じ場所)の場所に
置いてある120cm水槽と90cm水槽の中で、
床材は黒土と腐葉土を適当にブレンド。
仕上げは上から新聞紙。
乾燥してきたらたまに水を足す感じ。
Img_0198
Img_0199
地中から地表へ移動している個体がチラホラ。
Img_0200
Img_0201
出て来るタイミングは個体に任せていますが、
夜はまだまだ寒いので、夕方に土をかけたり、
深めに埋め直したりすることもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

10歳

自家繁殖個体のクレス♂。
2007年産まれ。
今年で10歳かぁ〜・・・と思うと感慨深い。
Dscf2040
Dscf2039
「クレスはそこそこ長生きみたい」と聞いて飼育を始めましたが、
とりあえず10年。元気です。

こちらは我家に来て6年程になる♀。
夜に撮影したので白っぽい。
Dscf2042
最近は繁殖させていませんが、卵を産んでしぼんだ身体は
ふっくらしてきて、良い状態に戻ったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヒョウモンナキヤモリの観察〜♂♀編〜