2017年11月20日 (月)

とんぶり市 御礼

とんぶり市 出店してきました!
スタートからたくさんのお客様に来て頂きました♪
有難うございました!!m(_ _)m
そして、毎回事務局・スタッフの皆様には大変お世話になっております!
有難うございました!

南関東☆亀☆連合・R-REPSブース、今年も楽しく出店させて頂きました!
171119_103709
昨年出られなかった分、いつもよりは多めに生体がいたと思う
自分のスペースはこんな感じでした。↑

そして、迫力の親ガルフが並んだkazuさんゾーン。
171119_103741
でもって、今回はお試しで2チームに。
もう一方のR-REPSゾーン。
171119_103722
こんな感じの展示で出店しておりました。

本当にたくさんの方々に来て頂きました。
いっぱいお話が出来ました♪
我家のベビー達も旅立っていきました^^
あっという間に時間が過ぎ去るのを感じた今回のとんぶりでした!

来場者数は2855名とのことです!!
すごい人・人・人でした!

また来年も参加させて頂きたいと思います♪
ブースは川口さんのお気遣いで2チーム並べて頂きまして、
例年通りワイワイ楽しくやれました。

来年はまた一緒(1チーム)で良いかなぁ。
誰に担当やってもらおうかな〜・・・(謎笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

【告知!!】とんぶり市2017

Topimg02
ぶりくらHPはコチラ!
2017年11月19日(日) 11:00~16:00
東京都立産業貿易センター台東館4F&5F
出品:生体・グッズ
入場料:1,000円(中学生以下無料)

※とんぶり当日まで、この記事をトップにしておきます!
出品生体の情報はこの記事の下に書いていく・・・予定っす。

自分は去年、参加出来ませんでしたが今年は参加致します!
今年も南関東☆亀☆連合ブースよろしくお願い致します!!
ヽ(´▽`)/(◎´∀`)ノo(*^▽^*)o(*゚▽゚)ノ(*^ω^*)ノ彡
T
で、今回なんですが、

連合チームは2班に分かれております。

亀仙人会長・kazu・かめぞう・かめぞーの南関東☆亀☆連合ブースと、
らいむ・さとさと・亀世堂・PEEKABOOのR-REPSブースで申し込みました。
年々メンバーが増え(何人いるか即答できないw)、
ワイワイ楽しんでやっておりますが、それに伴いブース数も多くなりました。
殖している種類も結構同じですし(苦笑)、毎回ブースにて
「○○さんの○○ガメはどこですか?」と質問される事も。
他、事務的な都合もあり(苦笑)今回は実験的に分けてます。
かえってややこしくなるかもですが^^;、
いつもの南関東☆亀☆連合でございますm(_ _)m

出品リストも公開されております♪
https://burikura.com/eventlist/tonburi#link01
5階です!
20171115_112258
拡大するとこんな感じっす。
20171115_112153_2
南関東☆亀☆連合 No.86〜87
R-REPS    No.88〜90

お隣は、吉岡さんとぽんたさんです^^


自分の生体はこんな感じっす♪
Img_0551
ミツユビハコガメ
Img_0537
写真は2017年CBで、生まれた時から餌は配合飼料のみ。
個人的には生き餌も与えたいのですが、
配合飼料のみの方が喜ばれるので・・・。
他、なんでも食べる2016年CBも少し持っていく予定っす。

タイワンセマルハコガメ
Img_0622
今年の2017年CBセマルは、タイワンのみ!(ノд・。)
こちらも配合飼料のみで育成中。
Img_0598
育った2016年CBも持っていきます。
Img_0475
Img_0479
甲羅の赤みがチョット強めのと普通のがいます。

チュウゴクセマルハコガメ
Img_0589_2
左の2匹は2015年CBの♂♀で、右の2匹は2016年CB。
Img_0592
2016年CBは同クラッチの2匹(多分♀)ですが、
1匹は甲ズレ有り。もう1匹はなんか色が抜けてて赤いっす。
Img_0464
Img_0474
腹甲もなんか色が抜けてます。マイコレにしようか迷っているので、
当日参考個体になる場合も・・・。(オイ!)

ハナナガドロガメ
Img_0578
8〜9cmサイズの2016年CBと2017年CBを持っていきます。
Img_0582
餌喰い良好っす。

ミスジドロガメ オオアタマヒメニオイガメ
Img_0586
写真は共に2016年CBっす。
ヒメニは2017年CBもハッチ中で、
餌喰いが良ければ持っていく予定っす。

クサガメ ニホンイシガメ
Img_0569
Img_0572
クサガメはこんな感じのベビー達を。
イシガメはオレンジ濃いめのを持っていきます。
Img_0607
Img_0608
2016年CBのクサガメ(赤みの強い甲羅になりそうな個体)と、
イシガメも持っていく予定です。

亀はこんなところかな〜と。

亀以外にも持っていく予定種がいますが、
そちらはまた別の記事に〜。(*゚▽゚)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

とんぶり用 ヒョウモンナキヤモリ

ヒョウモンナキヤモリ2016年CB
Img_0181
トカゲモドキじゃございません。
ナキヤモリの方です。

え〜・・・・正直に申しますと・・・・
「ただ、出品リストに載せてみたかった。」のです!(/ω\)

孵化当初の写真↓。
Img_0336
この前撮影した写真↓。
Img_0686
この個体を1匹だけ持っていきます。
(亀友は結構いるんだけど、守宮友が少ないから
この機会に守宮友も欲しい〜!)心の声

成長するとこんな感じです。
Img_1772
写真は初めて孵化した2013年CB。
ヒョウモントカゲモドキの成体サイズをトゲトゲで
ボリュームアップして邪悪なオーラを纏わせたような・・・
そんなヤモリだと思っています。
飼育はクレスを飼うより乾燥めにしてます。
餌はコオロギやローチの生き餌っす。
カッコイイっす♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

とんぶり用 ハナナガドロガメ2016年CB

赤いドロガメ。
ハナナガドロガメ。
Img_0741
Img_0730
写真は我家で最初に孵化した♂個体。

♂の方が♀より鼻先は長くなります。
赤黒い・赤茶色の皮膚に細かい模様が入ったドロガメ。
そして、ドロガメなので何匹いてもスペース的には、
なんとかなってしまう10cmサイズの小型種。(゚▽゚*)
餌はなんでも食べますし、飼い易い亀です。
魚を食べるも上手なので、小魚との混泳は注意。
(餌のつもりで入れるなら有りかなと。)
甲羅干しは結構するので乾いた陸地は必要です。
Img_0314
こちらは2016年CBのハナナガドロガメ。
3匹持っていきます。

春から屋外で飼育していました。
現在は室内無加温飼育っす。
Img_0734
最初の写真の成体サイズCBとの比較。

一年で甲長9cmまで成長しました。
Img_0737
顔の色はしっかり赤くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

とんぶり用 ミツユビ2016・2017年CB

とんぶりまで、あと一週間。
今年生まれのミツユビベビー達は、
みんな餌食いも良くって育っています。
Img_0718
今年の美麗ツートップ。
Img_0650
Img_0652
頭の模様はこんな感じ。
Img_0657
個人的に好きなのは甲羅の模様が霜降り状の個体。

2016年CBも少しですが持っていきます。
Img_0673
Img_0675
地味!・・・だが、それが良い!という方へ。
Img_0676
Img_0677
模様無し系の2匹。

こちらは甲羅がちょいと残念な事になりましたが・・・カビめ!
Img_0679
状態は抜群です。
(単独飼育していたらこうなったパターンの個体・・)
一応、ブースに置いておこうかと。

それから・・・
Img_0683
Img_0682
以前、紹介した奇形個体。
餌食い良く、甲羅も固くしっかりして育ちました。
見ての通り、頭部は通常個体と違い、手はガイガン状態。
歩くというよりは這う感じです。
数年前のぶりくらで「こういう個体が好きなんです。」と、
名刺を頂いた事とかあって、
(しかし、どの方の名刺かわからなくなったという・・・汗)
値段は示さずに置いておくので、興味のある方はお声かけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

ミステリークレイフィッシュ

通年屋外で管理しているミステリークレイフィッシュ。
Img_0699
大小様々なサイズがいます。

環境はこんな感じ。
Img_0694
Img_0696
とくにエアレーションはせず、こんな感じの放置状態。
亀を飼うような感じで陸地も設置。
流木や割った植木鉢などを使っています。
直射日光が当たりづらいよう、日除けは設置。
Img_0695
木陰に置いたりもしています。
餌は、亀の残りエサに殖え過ぎた水草などを与えています。

夜になると水面付近にいるので、採集は夜に行っています。
にぎやかしに、今年も“とんぶり”に持っていく予定っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

生後1年

昨年初めて孵化したキボシイシガメ。
Dscf2341
スタートはなかなか育たずという感じだったのですが、
ある時期からすくすく育ち、そこそこのサイズになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

ビバガNo.79

前号の表紙が『!?』ならば、
今号は『!!』という感じのインパクト大な表紙。
Dscf2347
連休なんでジックリ読もうかと。
週末イベントもありますが、行けるかどうか微妙・・・。

そろそろ、頭の中を“とんぶり”モードにしようかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

ミツユビ♂【確認用(笑)】

ある年にkazuさんと(たぶん)何かと交換してやってきたミツユビベビー。
右の個体です。左の色の薄い方は自分とこのベビー。
Dscf0042
その後、こんな感じになって↓
Dscf0023
現在はこんな感じに↓
♂です。
Img_1867
甲羅の色は濃い茶色から現在は色抜けしてきました。
茶系の♀に合わせようかな〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

since1985

我家にやってきて32年の最古参の亀。
クサガメ♀。
Img_0437
その当時、よく通っていたペットショップにいた個体。
“金銭亀”の名称で、13cm前後くらいの個体をよく見かけた時代
でしたが、この個体は珍しく(?)すでにフルアダルトサイズでした。
見た目はあの頃とほぼ変わらず(笑)。

きっと自分よりも長生きしている個体だろうと思っています。
改めて、亀って長生きだよなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今は『ヒラセ』