2018年4月25日 (水)

屋上改修中

30年以上使用していたコンクリート水槽。
Img_1692
撤去しました。
Img_1696
そして、壁を補修し、床も防水工事をしなおしました。
Img_1809
午前中の大雨も問題無しだったので、オッケー♪

新しいレイアウトは頭の中ではなんとなく出来上がりつつあります。
Img_1812
Img_1808
Img_1807
設置予定のケージ等は台車に乗せたままの状態。

ここも撤去予定です。
Img_1813
ゴソッと反対側に移動する感じになるかなと。
この場所は次の工事予定地。

コンクリート水槽にいた亀達は、こちらに移動。
ヘビー級の亀達はまだ来ていませんが、
近々全部こっちに持って来ちゃおうかな〜・・・と。
Img_1793
実験的にミドル級サイズの個体を数匹入れています。
池はトロ舟にしました。
Img_1794
底には風呂用の排水口を取り付けました。
ゴムを抜くと水が抜けます。
以前と比べると水量はガクンと減りましたが、
メンテはしやすいので、しばらくはコレでやってみます。

池に上がる坂を鉄平石などで2カ所設けました。
Img_1796
Img_1795
初日はバタバタでしたが、二日目以降は慣れたようで上手に使ってます。

このゾーンのメインの一つが、産卵場。
Img_1802
ここはいままでの産卵場(トロ舟)よりも、面積・深さ共に
良くなりました。(゚▽゚*)
ベストポジション狙いで産卵場所が被り、
卵を掘り起こされる事故もあるので、これでブッキングの確率が
下がれば良いなと・・・。
産卵シーズンが終わったら仕切る事も可能っす。

夏場の木陰にもなればと、
Img_1797
イチジクの木を置いてみました。

横には15cm未満の小型個体用に風呂桶ケージを設置。
Img_1801
Img_1804
ゾーン全体の全方向をネットで覆いました。
夏場には上空に日除けを用意しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

亀の引っ越し

冬眠明けでごちゃ〜っとした水棲亀ゾーン・・・。
Img_1624
メイン水槽の一つ、30年以上活躍してくれたコンクリート水槽。
かなり老朽化してきました。
Img_1631
Img_1675
壁面は重くしたくなかったので、ALC板をモルタルや防水材で
コーティングしたモノでした。
Img_1678
クラックによる水漏れも有り、コーキングで補修しつつ騙し騙し使ってました。
でもって、亀とは別の諸事情もありついに、撤去すること。

有り難うコンクリート水槽!ヾ(;□;)э

当初の目的とは違う使い方になりましたが、
しっかり亀を飼う事が出来ました。

ということで、水抜きして中の亀を取り出します。
Img_1647
Img_1658
ヘビー級とミドル級に分け、
ミドル級は新しい水棲亀ゾーンへ。
Img_1664
Img_1665
初日は壁際を登ろうとしたり、落ち着きがありませんでしたが、
二日目からは慣れたようで、全個体水の中というシーンも。
Img_1684
Img_1683
お気に入りの隠れ家を見つけた個体も観察。

最終的にはヘビー級もこちらに移動予定なのですが・・・。
まだまだ改良が必要そうなので、様子を見ながらです。

ヘビー級はしばしこちらへ。
ステンレスタンク水槽。こっちは流石のステンレス。
老朽化は無し。
脱走防止の機能も高いので、色々落ち着くまでは
こっちにいてもらいます。
Img_1632
水抜きはコックをひねるだけでオッケー。
Img_1637
Img_1645
容量はコンクリート水槽の半分ほどですが、
まぁ、なんとかやってもらいましょう。
Img_1670
Img_1673
このままこっちにいる可能性もゼロでは無かったりですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

全てのハコガメが冬眠明け

この時期に初夏の陽気・・・^^;
Img_1473
極端に寒かったり、暑かったり・・・
今年も週間天気予報をチェックしながらの亀ライフです。

中国セマルの親個体と台湾セマルは半屋外の場所で冬眠させています。
完全な屋外冬眠でも大丈夫かもしれないのですが、
毎年同じ環境で冬眠が上手くいっているので、
変えない様にしています。

しかし、自家繁殖させた個体達の一部には、
自然任せで完全な屋外冬眠をさせている個体もいます。
Img_1499
今年も無事に冬眠明け。
今シーズンの冬は寒かったですし、雪もたくさん降りました。
一応、雪が積もらないよう板で囲い、南側の場所で冬眠させていました。
板は適度に密閉しない感じにしつつ、隙間風が入りすぎずな感じに。
陽が当たりすぎないための役目もありました。
Img_1500
Img_1508
今日は餌も食べていました。

半屋外で冬眠していた親個体達も昼間は外へ。
Img_1514
まだ緩慢な動きではありますが、
こちらも餌を食べ出しています。

ミツユビ達の方は、今年もこの古参の個体が最初に起きてました。
Img_1472
他の個体よりも一足お先に完全覚醒で通常モード。

ほとんどの個体はまだまだ寝起きモード。
Img_1513
この時期に見られる、陽に沿っての朝の甲羅干し風景。
全個体、今年も無事に冬眠出来た様子。

先に目覚めて室内に取り込んだグループは・・・
Img_1495
こんな感じ。
今年は頼むよぉ〜!^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

【イベント情報】Gecko Market 2018

Herp.SupplyのGo!!さんのブログにてイベント情報が!

Gecko Market 2018
http://www.geckomarket.jp/
というヤモリのイベントが2018年7月8日(日)
に開催されるようです。

詳細はHerp.Supplyさんのブログにも出ております。
http://herpsupply.at.webry.info/
確認してみてください^^

場所は東京都立産業貿易センター台東館とのこと。
行ってみたいと思っています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

はじまりのハイポ

去年孵化した色の薄いクサガメベビー。
兄弟でこんなに見た目の色が違う個体。
今までは、毎年孵化する個体の中で、
多少色の抜けた個体が孵化することはあったのですが、
「色の薄い感じの」とか、「ちょっと色の抜けた」という
表現を使っていました。

しかし、この個体は“ハイポ”と呼ぶことにしました。
Img_0640
その後、すくすくと育ち現在は甲長5cmを越えました。
Photo
Photo_2
Photo_3
♂っぽいです。
というか、もうこの尻尾なら♂だなと。

我家には、あるぞう君家からやって来た
不思議な色のクサガメもいるのですが、
Img_0458
Img_0459
“ハイポ”個体は、この個体とは別系統の普通の見た目の
クサガメから孵化しました。

♂親は、我家で孵化した中で色の抜けた感じのF1個体を使ってはいました。
その影響があったかもしれませんが、関係ないかもしれません。(苦笑)

あるぞう君家から来た不思議な色のクサガメ(以下あるぞうクサガメ)系統と
ハイポ個体を並べてみました。
Photo_4
右がハイポ個体2017CB
その隣の小さいのが、あるぞうクサガメ2017CB。
大きさが違うのは、色々ハイポの方にかなり比重を
かけているということで・・・(苦笑)

色の違いはありますが、左の2匹は2016年CBの
あるぞうクサガメ系統の兄弟です。

あるぞうクサガメは育つとこんな感じに。
Img_0463
赤い甲羅になります。

あるぞうクサガメCBの中でも、さらに色の薄い個体がいたりします。
あるぞうクサガメ2017CBは20匹ほど管理中ですが、
その中でも一番色の薄いと思われる個体を撮影のモデルに選んでみました。
Img_1369
Img_1367
Img_1365
あるぞうクサガメ2016年CBは、一番抜けた色の個体と
普通っぽい色の個体を撮影用に選んでみました。

アルビノではないので、写真だと伝わりづらい色なんですが、
普通っぽい色の個体とハイポ個体の甲羅の色を比べてもらえれば、
Photo_5
まぁ、違いますよね?ハイポって言って良いですよね?
ハイポです。

このハイポ♂用に、色の薄い♀を複数揃えてハーレム状態にして・・・

その子供達をさらに交配させて・・・・

オリジナルのハイポクサガメを・・・・・長いなぁ(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

クリーパーNo.79

テレビでオリンピック観戦しつつ、
じっくり読んでいこうと思います。
Img_1301
どようさん渾身のキンバリーアカミミマゲクビガメの繁殖記事も
載っています^^
HBMのメキシコと紹介されているカメは、
亀太郎さんのハイポトウブだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

ビバガNo.80

ビバガ最新号が届きました。
Dscf2492
巻頭のレオパことはじめ。
我家でも飼育しているレオパ。
最近のレオパ本も読んでいますが、
ビバガ流の読みごたえある特集で面白いっす。

レオパは現在2匹飼育していますが、
書いてあった通り、それぞれ個性はあるな〜と。
Dscf2488
写真はスノーエクリプス。
個性は“人懐っこい”(笑)
前からいた方(エクリプス)と比べて・・・。

あと、樹上棲イグアナの特集も好きなとこなんでストライク。
またいつか・・・この仲間は飼育してみたいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

ヤモリの体重測定

いままで、飼育している亀やヤモリの体重を量るようなことは
とくにしていなかったのですが、量ってみました。

まずはレオパから。エクリプス♂です。
Dscf2461
Dscf2466
Dscf2464
プニっとしたお腹・・・
Dscf2476
100gでした。
もう少し細くても良いかも?

つづいて、新顔のスノーエクリプス♀。
Dscf2445
↑これは脱皮前の写真。
こんな環境で管理中。
Dscf2477
25g・・・いつかの繁殖に向け、しっかり育てようと思います。

クレスの部。
古参の♂。
Dscf2474
39g。

♀個体。
Dscf2473
41g。

新顔の♂。
Dscf2472
31g。

ベビーで我家にやってきたマモノミカドヤモリ。
Dscf2452
Dscf2454
二ヶ月で一回り・・・以上かな?
結構成長早いように思います。
ブリーダーさんから、クレスより湿度多めで良いと聞いたので、
床材はミズゴケにしてあります。
Dscf2455
Dscf2470
24g。
クレスと似た感じの管理ですが、
飼ってみるとまた違う味わいがあります。

オニタマも。
♀。
Dscf2479
36g。

♂。
Dscf2480
30g。
オニタマは、もう一回りしっかり育てたいなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

生存確認

冬眠中は、ほぼ放置状態なのですが、
冬眠している場所が湿り過ぎていないか?
乾燥しすぎていないか?
個体の状態はどうか?
の確認は時々しています。

まずはセマルハコガメ。
Img_1075
活動している時期は、人慣れして箱状にはならないのですが、
冬眠中はこんな姿に。
Img_1072
きれいな箱に。
隙間から顔を確認。
問題は無い様子。

ミツユビハコガメ。
空気穴の位置で潜っている場所がわかったりします。
Img_1068
Img_1071
表面の腐葉土をどけると甲羅が。
ちょっと乾き気味?
ここ2日くらい、1月にしては暖かいせいか、
わりと地表面付近にいました。
これが雪の降るような寒い日だと、
さらに10cm以上深い位置に移動したりします。
Img_1065
こちらの個体は地表面から5cmくらいの場所にいました。
Img_1064
鼻水・目やに等は無し。
順調に冬眠出来てるようなので、元の場所に埋めておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

富士とヤシ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。m(_ _)m

マイペースにブログの方も頑張ります!
ここ最近毎年恒例な感じで三が日は三浦へ。
Photo
Photo_2
海から富士山を眺めました。
Photo_3
三崎のうらりから城ヶ島を眺め。
Photo_4
初日の出と言ってもバレないかもですが、
方角がおかしいので正直に・・・
早起き出来なかったので夕日を眺める・・・(;゚∇゚)
Photo_5
マグロで有名な場所ですが、マグロはお土産に買って、
お義母様から美味しいお肉をご馳走になりました。

亀友さん達とワイワイBBQなんかした、お庭のあのヤシ。
Photo_6
管理が非常に大変になってきまして・・・
Photo_7
じつは、父と二人で切り倒しました。

ヤシの葉で隠れていたストレリチア(極楽鳥花)。
Photo_8
グンッと伸びて花もいっぱいに。

重すぎて男二人でもどうにもならなかったヤシのてっぺんのパイナップル(?)。
Photo_9
ようやく朽ちてきました。
Photo_10
天然のヤシガラ?
ようやく撤去出来そうです。

吉岡さんのウチワサボテンを1枚植えておいたら、
Img_0984
こんな感じで真っすぐに伸びてました。
上の1枚を採って亀餌用に持ち帰りました。

今年は、またみんなでマグロのカマとかホホ肉でBBQやりたいな〜と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«強制甲羅干し