2016年9月26日 (月)

【告知】とんぶり市2016

とんぶり市http://burikura.com/
日時:2016年10月2日(日)
場所:横浜産貿ホール マリネリア

初の横浜開催。
いよいよ今度の日曜日です!
出品リストも出ましたね。
T
今年も南関東☆亀☆連合 は出店致します!!


・・・が、

自分は今年、他の行事と重なってしまい不参加です。

ぶりくらも見事に重なりました・・・(;´д`)

というわけで、今年のベビーは手元で育て、
来年参加出来ればなぁ・・・という感じっす。

行かれる方々、楽しんで来てくださ〜い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

ワラワラとドロガメハッチ

ここ数日で孵化してきました。
Img_0812
Img_0815
溺れないよう水深は浅くし、さらに傾斜をつけてタッパーを置き、
乾いた陸地もセット。
今年はこのまま室内飼育っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

点灯

気温が下がりました。
人間には過ごし易い温度なのですが、念のため、
冬場は室内で飼育するつもりのベビーゾーンには、
バスキングライトと暖突を点けました。
サーモ設定で25℃以下なら点灯。
Img_0806
今日はず〜っと点いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

こちらも順調

プラテミスベビー。
Img_0661
なんとなく茶色の水で育成中。
配合飼料を入れれば勝手に食べてくれるので、
だいぶ手抜きな飼育方法に・・・(;゚∇゚)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

餌付け

我家で孵化したベビーは、最初から配合飼料を与えています。
最近はカメプロスです。

ですが、話には聞いていましたが、
キボシベビーにはいまいちな様子だったので、この餌を使ってみました。
Img_0802
Img_0801
乾燥アカムシ。
保存もきくので大変便利^^
そのうち配合飼料も食べてくれると良いな〜と。
今年のキボシは自分で育てる予定なので、
餌は食べればなんでも良いや〜って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

♂になった^^

ミツユビCBのセミアダルト軍団の中で、
最近まで♀だと思っていた個体。
Img_0787
Img_0790
これは♂だ。
尻尾の付け根から排泄口が伸びました。

我家産で手元に残していた個体で♂は初めて。
温度差で雌雄を決めるような設定はせず(つねに適当・・・)、
我家は♀が多い印象なんですが、♂も産まれるんだな〜と。
☆になった♂の血統で、柄と色はその♂にそっくり。
いずれはF2を目指したいっす。

今年のベビーは現在こんな感じ。
Img_0796
Img_0653
例年、殖えたベビーは『ぶりくら・とんぶり』でほとんど旅立つのですが、
長く趣味を楽しむため、好きな血統をずっと手元に置いておくために、
去年から意識的に多めに手元に残して育てるようにしています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

ハッチ ハッチ

台湾セマルも孵化。
Img_0637
Img_0622
1クラッチ目の2個が同時にハッチ。
1匹は出て来ました。
Img_0642
Img_0643
左が台湾で右が中国。
皮膚の色は中国より薄め。
去年1匹だけこれよりも薄い色のが孵化したのですが、
今年のを見ると改めて面白い個体だったんだな〜と。
Img_0647
Img_0648
どっちの色が好みかというと、
自分は中国の濃い黄色とオレンジの方っす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

親子

キボシイシガメ♂
Img_0631

Img_0635
♂は相方ので、♀は5年前にやってきたキボシ亀男さんの個体。

2匹孵化し、水中デビュー。
Img_0626
甲ズレ無し。
親同様、星いっぱいに育つと良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

黄星

初孵化♪
Dscf1887
ちっちゃかわいいっす。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

伝わりづらい色

クサガメは一番最初に飼育した亀で、好きな亀なんですが、
その中でも甲羅が茶色い個体が好きっす。
Img_0172
あるぞう君とこから来た「これは色変」と言っても良いだろうな
個体のCB達は今年も面白そうな色をしています。
Img_0589
今のところ、この個体が一番色が薄く、ちょっと紫がかった感じ。
他のベビーと比べるとこんな感じ。
Img_0597
上の個体がそれです。
裏側はこんな感じ。
Img_0594
すでに産み出したCB♀はいます。
この系統の繁殖に使える♂がまだいないのですが、
数年後にペアが揃ったらかけてみても面白い?
Img_0602
Img_0604
参考個体として、昨年イベントで展示していた個体。
こんな感じに成長してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«クサガメとイシガメ